Christmas Traditions: UK versus USA

L.D
オックスフォード大学で東洋学を学び卒業。
ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で社会人類学のMAを取得。現在はイギリスで教育関連の仕事に従事している。

Christmas Traditions: UK versus USA

Christmas is the most widely celebrated holiday for both the UK and the USA. There are lots of overlapping traditions – Christmas trees, exchanging presents, families gathering to enjoy food and drink together. But there are some interesting differences, too! As a Brit, I’m pretty familiar with most of the American Christmas traditions because of seeing it in movies and TV, but most Americans aren’t so familiar with the way people spend the Christmas season in the UK. So, which of the following traditions are you familiar with? (FYI there is no Christmas tradition of dates at KFC in either country, like there is in Japan!) 

  1. First off, we have different nicknames for the generous, bearded man in the red and white suit: in America, they say Santa or Santa Claus, but in the UK we say Father Christmas (although ‘Santa’ has become common, too).
  2. Both British and American children leave Father Christmas snacks on the fireplace on Christmas Eve. However, in the US, they leave milk and cookies, while in the UK, we leave a mince pie and a glass of sherry, whisky, or beer (and maybe a carrot for Rudolph and his reindeer colleagues! 
  3. And where does Father Christmas live? In the UK, we say he lives in Lapland (a region in northern Scandinavia). In America, they say he lives in the North Pole. 
  4. Americans say ‘Happy Holidays’ (which is inclusive of Hanukkah, Kwanzaa, New Year’s Day and Thanksgiving) and Merry Christmas, but not ‘Happy Christmas’. Brits say ‘Happy Christmas’ and ‘Merry Christmas’, but not ‘Happy Holidays’. And Brits sometimes say ‘Chrimbo’ instead of ‘Christmas’ – Americans don’t do this. 
  5. Decorations! Both Americans and Brits decorate their houses and offices for Christmas, but Americans tend to reeeeeeeally go to town with the outside electric lights. In December, American suburbia transforms into a sea of spectacular Christmas light displays. This tradition has trickled over to this side of the pond, but for example only a third of houses in my street have outside decorations, and they’re quite modest. 
  6. The round things you hang on the tree are just called ‘ornaments’ in America, but in the UK we say ‘baubles’. 
  7. In the UK, children wake up to stockings (or, in my case, a pillowcase) filled with presents at the end of their bed. Americans usually hang their stockings over the living room mantelpiece.
  8. When it comes to food, turkey is the main feature in a UK Christmas dinner. But in the US, turkey is reserved for Thanksgiving – they usually opt for roast beef or roast ham on Christmas Day. 
  9. During dinner, Brits usually pull Christmas crackers – these are festive table decorations which make a snapping sound when pulled apart. They are usually filled with paper hats (to put on immediately!), miniature prizes (e.g. tiny toenail clippers), and small pieces of paper with (usually terrible) jokes written on them. Most Americans have never heard of Christmas crackers! 
  10. In the UK, we have a dessert called Christmas pudding – which we douse in alcohol and light on fire! They don’t have this in the States, where people are more likely to have pumpkin pie or marzipan for the last course.
  11. And what about booze? In the US, eggnog (a frothy mixture of eggs, milk, cream, and spirits) is the main Christmas beverage. In the UK, eggnog isn’t so popular – we usually opt for mulled wine, Bailey’s Irish Cream, or brandy. 
  12. Whilst both countries have lots of traditional Christmas carols in their national repertoires, the Christmas number one is a British thing only. Whichever song is top in the UK pop music billboards on the 25th December is proclaimed the Christmas number one. (Fun fact: Since a TV talent show called The X Factor came along and monopolized Christmas number ones for 4 years with the winners’ emotional ballads, in 2009 there was a campaign to knock The X Factor off the top spot and replace it with LA rock band’s Rage Against the Machine’s 1993 track Killing in the Name Of – an angry metal song full of expletives, and the perfect antithesis to the bland commercialism of The X Factor. The campaign started off as a joke, but succeeded in getting Killing in the Name Of the title of Christmas number one – despite the track being 11 years old!) 
  13. The day after Christmas is called ‘Boxing Day’ in the UK, which is a national holiday and a time for relaxation after the previous day’s festivities. It’s called ‘Boxing Day’ because traditionally, that was when servants would receive Christmas presents (in boxes) from their masters. However, the 26th of December in America is just a normal day.

    So, taking all that into account, which country would you rather spend Christmas in – the UK or America? Let us know in the comments! 
解説

・widely・・広く
・overlapping・・重なり合う
・FYI・・参考までに

・first off・・第一に
・generous・・思いやりがある
・bearded man・・あごひげを生やした人
・Father Christmas・・ファーザークリスマス(イギリスでのサンタの呼称)

・fireplace・・暖炉
・sherry・・シェリー酒
・Rudolph・・ルドルフ(赤鼻のトナカイ)
・reindeer・・トナカイ
・colleagues・・仲間、同僚

・Lapland・・ラップランド(スカンジナビア北部の地域)
・North Pole・・北極

・inclusive・・包括した、包括的な
・Hanukkah・・ハヌカ(ユダヤ教のお祭り)
・Kwanzaa・・クワンザ(アフリカンアメリカンのお祭り)
・Thanksgiving・・感謝祭
・Brits・・イギリス人

・decorate・・飾り付けをする
・suburbia・・郊外
・spectacular・・壮観な
・trickle・・ぽたぽた落ちる
・the pond(この文脈ではイギリス)
・a third of ・・3分の1
・modest・・控え目な

・wake up to・・目覚めて気づく
・pillowcase・・枕カバー
・mantelpiece・・暖炉

・when it comes to~・・~の話しになると
・turkey・・七面鳥
・reserve・・取っている、置いておく
・opt for・・選ぶ、決める、好む

・festive・・お祭りの
・snapping sound・・はじける音
・miniature・・小さな
・prize・・賞
・toenail clippers・・爪切り

・pudding・・プリン
・douse・・浴びせる

・booze・・酒
・eggnog・・エッグノッグ(牛乳ベースの甘い飲み物)
・frothy mixture・・泡の混合物
・spirits・・リキュール
・mulled wine・・マルドワイン

・repertoire・・レパートリー
・billboard・・広告版、掲示板
・proclaim・・宣言する
・monopolize・・独占する

・festivities・・祝い
・servant・・使用人、召し使い

・take A into account・・Aを考慮に入れる

クリスマスの伝統 イギリスvsアメリカ

クリスマスはイギリスとアメリカの両方で最も広く祝われている祝日です。クリスマスツリー、プレゼントを交換したり、家族が集まって一緒に食べ物や飲み物を楽しんだりと、多くの伝統が重なり合っています。しかし、いくつかの興味深い違いもあります。イギリス人の私は、映画やテレビで見たことがあるので、アメリカのクリスマスの伝統のほとんどはよく知っていますが、ほとんどのアメリカ人は、イギリスのクリスマスシーズンの過ごし方にはあまり馴染みがありません。では、以下の伝統のうち、どの伝統に精通していますか?(参考までに、どちらの国にも日本のようにKFCでデートをするというクリスマスの伝統はありません!)

  1. 赤と白のスーツに身を包んだ気前の良い髭を生やした男性のニックネームは、アメリカでは「サンタ」や「サンタクロース」と言いますが、イギリスでは「ファーザークリスマス」と言います(「サンタ」も一般的になってきましたが)。
  2. イギリスの子供もアメリカの子供も、クリスマスイブには暖炉の上にファーザー・クリスマスのお菓子を置いていきます。しかし、アメリカでは牛乳とクッキーを置き去りにしますが、イギリスではミンスパイとシェリー酒やウィスキー、ビールのグラスを置き去りにします(ルドルフやトナカイの仲間たちにはニンジンもあるかも!)。
  3. クリスマス神父はどこに住んでいるのでしょうか?イギリスではラップランド(スカンジナビア北部の地域)に住んでいると言われています。アメリカでは北極に住んでいると言われています。
  4. アメリカ人は「ハッピーホリデー」(ハヌカ、クワンザ、ニューイヤー、サンクスギビングを含む)とメリークリスマスと言いますが、「ハッピークリスマス」は言いません。イギリス人は’Happy Christmas’や’Merry Christmas’と言いますが、’Happy Holidays’とは言いません。また、イギリス人は’Christmas’の代わりに’Chrimbo’と言うことがありますが、アメリカ人はこれをしません。
  5. デコレーション アメリカ人もイギリス人もクリスマスには家やオフィスを飾りますが、アメリカ人は外の電飾で街を飾ります。12月になると、アメリカの郊外はクリスマスのイルミネーションの海に変身します。この伝統は池のこちら側にも伝わっていますが、例えば私の住んでいる通りでは、外の飾り付けをしている家は全体の3分の1しかなく、とても控えめです。
  6. ツリーに吊るす丸いものはアメリカでは「オーナメント」と呼ばれているだけですが、イギリスでは「バウブル」と言います。
  7. イギリスでは、子供たちが目を覚ますと、ベッドの端にプレゼントの詰まったストッキング(私の場合は枕カバー)が置かれています。アメリカ人はたいていリビングのマントルピースにストッキングをかけています。
  8. 食べ物といえば、イギリスのクリスマスディナーの主役は七面鳥です。しかし、アメリカでは、七面鳥は感謝祭のために予約されています – 彼らは通常、クリスマスの日にローストビーフやローストハムを選ぶ。
  9. 夕食の時、イギリス人はクリスマスクラッカーを引っ張るのが一般的です。クラッカーの中には、紙製の帽子(すぐにかぶります!)や、小さな賞品(小さな爪切りなど)、ジョークが書かれた(たいていはひどい)小さな紙片などが入っています。ほとんどのアメリカ人は、クリスマスクラッカーのことを聞いたことがありません。
  10. イギリスにはクリスマスプディングというデザートがあります。アメリカでは、最後のコースにパンプキンパイやマジパンを食べる人が多いようですが、アメリカではこれはありません。
  11. では、お酒はどうでしょうか?アメリカでは、エッグノッグ(卵、牛乳、クリーム、蒸留酒を泡立てて混ぜたもの)がクリスマスの主な飲み物です。イギリスでは、エッグノッグはあまり人気がありません。通常はマルドワイン、ベイリーズアイリッシュクリーム、ブランデーを選びます。
  12. どちらの国にもクリスマスキャロルのレパートリーはたくさんありますが、クリスマスナンバーワンはイギリスだけのものです。12月25日にイギリスのポップミュージックの看板で1位になった曲がクリスマスナンバーワンと宣言されます。(面白い事実: The X Factorと呼ばれるテレビのタレント番組が登場し、受賞者のエモーショナルなバラードで4年間クリスマスのナンバーワンを独占していたので、2009年にはThe X Factorのトップの座を奪い、LAのロックバンドRage Against the Machineの1993年のトラックKilling in the Name Ofに置き換えようというキャンペーンが行われました。キャンペーンはジョークとしてスタートしたが、11年前の曲にもかかわらず、Killing in the Name Ofのクリスマスナンバー1のタイトルを獲得することに成功した。)
  13. イギリスでは、クリスマスの翌日を「ボクシング・デイ」と呼び、祝日であり、前日のお祭り騒ぎの後の息抜きの時間とされています。ボクシング・デイ」と呼ばれるのは、伝統的に使用人が主人からクリスマス・プレゼント(箱入り)を受け取る日だったからです。しかし、アメリカでは12月26日は普通の日。

    イギリスとアメリカ、どちらの国でクリスマスを過ごしたいですか?コメントで教えてね!
音声

Follow me!

コメントを残す