Why Louis Vuitton never goes on sale

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Why Louis Vuitton never goes on sale

The Louis Vuitton brand was founded in 1854 by a French suitcase maker of the same name. Since its inception, Louis Vuitton has never sold its products at discounted rates or through outlet stores.

One reason for this is the idea that once a product is on sale, the customer loses sight of its true value. For example, if you buy a bag for 300,000 yen and a month later you see the same bag on sale for 200,000 yen, you might doubt that the bag was really worth its original price. It would also seem like a betrayal of customers who bought the product for 300,000 yen, which is not good from the point of view of customer satisfaction.

Each Louis Vuitton product is made by hand by craftsmen, who are regularly recruited and trained for a long period of time. This is a costly process, and so selling products at discounted prices may mean that such costs cannot be covered.

This is why Louis Vuitton does not hold sales: to satisfy its customers, to recruit and train its craftsmen, and to ensure that its customers can rely on the high quality of its products.

解説

・found・・立ち上げる、設立する
・discounted rates・・割引料金
・on sale・・セールをする
・loses sight・・視力を失う
・doubt・・疑問に思う
・betrayal・・裏切り
・craftsman・・職人
・costly・・費用がかかる
・ensure・・確実にする、保証する

ルイ・ヴィトンがセールにならない理由

ルイ・ヴィトンのブランドは、1854年にランスのスーツケースメーカーであるルイ・ヴィトン(同じ名前)によって立ち上げられた。
創業以来、ルイ・ヴィトンは値引きやアウトレット店での販売を一切行っていません。
その理由の一つは、一度販売された商品は、顧客は真の価値を見失ってしまうという考えがあるからです。例えば、30万円で買ったバッグが1ヶ月後に20万円で販売されていたとしたら、そのバッグは本当に元の価格に見合ったものだったのかと疑ってしまうかもしれません。また、30万円で買ってくれたお客さんを裏切っているようにも見えてしまい、顧客満足度の観点からも良くないですよね。
ルイ・ヴィトンの製品は、定期的に採用され、長期に渡って教育を受けた職人が一つ一つ手作業で作られています。これにはコストがかかるため、安売りすることでそのようなコストをカバーできないということにもなりかねません。
これが、ルイ・ヴィトンがセールを行わない理由です。”顧客を満足させるため”、”職人を採用・育成するため”、”顧客に高品質な製品を安心して使ってもらうため “です。

音声

Follow me!

コメントを残す