アメリカで車を購入する前に利用すべきサイト

ライター:K.D
カリフォルニア大学バークレー校卒経済学部業後、大手IT企業に入社。
グローバル市場での新規ビジネスの企画、営業業務に従事

アメリカで車を購入する前に利用すべきサイト

アメリカは車社会
日本の都市部で育った人からすると、大学生が車で通学するという事に違和感を感じる人が多いと思う。しかし、アメリカではサンフランシスコ周辺やニューヨークなどの都市部以外では電車など公共交通機関が殆ど無い場合が多く、それらがあったとしても正直かなり不便だ。アメリカ人の8割以上は車で通勤しているというデータなどもあるくらいアメリカは車社会である。

留学1年目に車を購入
そこで多くの留学生は渡米して一年目に中古車を購入する。だが、高校を卒業したての留学生をカモにするような業者がアメリカには複数ある。当たり前だがディーラー側が持っている情報はお客さんに全て開示はされない。そのため、売る側のほうが圧倒的に有利で、中には違法にメーターを変えたりする業者や事故車であることを隠して販売する業者もいる。これに関しては日本人ディーラーとかアメリカ人ディーラーとか関係なく気をつけてほしい。私の友達もカリフォルニアの日本人ディーラーから渡米一年目に事故車を事故車と知らされずに購入させられている。(事故車である事買う側に知らせずに購入させるのは違法)

CARFAX(カーファックス)とAutoCheck(オートチェック)
カーファックスとオートチェックは多くのアメリカ人が中古車を購入する前に使っているサイトです。そして私は留学生にこれらのサイトの利用を強く推奨したい。

アメリカ国内で販売された車には固有の番号(VINナンバー)が割り振られています。これらのサイトではそのVINナンバーを打ち込むだけで、その車の過去の事故歴やおおよそのメーターなどが確認することが可能です。

少し料金がかかり、100%の保証をできるものではありませんが、かなり高い確率でリスクは回避できるため、私はこれからアメリカに留学する人には必ず利用を推奨してます。また、ディーラーで中古車を購入する場合は購入検討者から「カーファックスかオートチェックの結果がほしい」と言えばたいてい無料で結果を渡してくれます。(ディーラーを信用できない場合は自分でサイトを利用すべき)

この記事を読んでくれている皆さんが悪徳なディーラーや個人に騙されずに、良い中古車を購入できる事を願っております。

Follow me!

コメントを残す