Japanese Restaurant Chains in the UK

L.D
オックスフォード大学で東洋学を学び卒業。
ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で社会人類学のMAを取得。現在はイギリスで教育関連の仕事に従事している。

Japanese Restaurant Chains in the UK

It was only a couple of decades ago that the majority of Brits were rather unfamiliar with Japanese food. It seemed exotic, and perhaps a little scary; the idea that ‘sushi’ is synonymous with ‘raw fish’ is a misunderstanding that persists even now. However, the situation today is quite different. Many British people are familiar with not only sushi but other Japanese dishes like katsu curry, donburi, and udon. There are Japanese restaurants on the majority of UK city high streets, and most British supermarkets sell packets of makizushi with pickled ginger and tiny bottles of soy sauce. This article introduces the four most well-known Japanese restaurant chains in the UK. 

YO!Sushi 

YO!Sushi (established in 1997) offers sushi and other Japanese cuisine via a ‘kaiten’ conveyor belt system, in surroundings of vibrant and funky interior designs. The sushi is made by chefs inside the conveyor belt loop, around which the customers sit and view their food being made. They can then pick their chosen sushi from the conveyor belt, or order special items from the menu. The dishes are colour-coded according to their price, and so at the end the customer can count up their stack of empty dishes in order to calculate the bill. YO!Sushi restaurants can often be found in airport terminals and department stores. 

Wagamama 

The oldest company in this list, Wagamama opened its first restaurant in 1992. The menu is mostly made up of modern twists on traditional Japanese cuisine, but there are also Thai and Vietnamese-inspired dishes. There are also some innovative vegan options, like ‘Vegatsu’: a plant-based version of katsu curry.

Wagamama’s seating design is quite unique in that customers sit on uniform rows of communal benches, so different groups dine alongside each other at busy times. Also, as soon as a dish is ready it is served at the table, even if other people on the table haven’t received their food yet. This goes against custom in the UK, where it is considered polite to wait for other people’s meals to arrive before one starts eating. However, it is in-keeping with East Asian etiquette – and saves the food from going cold! 

itsu

Itsu’s brand (established in 1997) is centered around clean eating. This means raw vegetable smoothies, ‘klean katsu’ rice bowls, and vibrant salads of seaweed and edamame beans. When it comes to sushi, however, there is not much to choose from apart from the usual salmon, tuna, and prawn. All the sushi and salad goes half-price 30 minutes before closing time, and so there is often a flurry of customers around then. Itsu also sells grocery products like ramen broth and miso powder in UK supermarkets, so that people can make their Japanese dishes at home. 

Wasabi 

Named after the pungent Japanese horseradish, Wasabi (established in 2003) is a popular high-street choice, and boasts an extensive menu of hot and hearty bento dishes; customers can choose from combinations of pumpkin katsu curry, salmon teriyaki, yakisoba noodles, and more. Wasabi also sells individually wrapped pieces of sushi which encourages customers to try new types and build their own tasty platter. 

Each of these four restaurant chains are built around their own unique concepts, but what they all have in common is a focus on nutrition, clean, minimalist brand design, and the fact their first branches were all established in London. Whilst all four have proved to be very popular dining choices for UK people, many Japanese (or people who have been to Japan) say the food is a far cry away from the real deal. For example, avocado and tuna mayonnaise-filled makizushi are some of the most commonplace sushi fillings in the UK, but are not at all prevalent in Japan. The dilution and modification of food culture is inevitable when attempting to penetrate a foreign market, but perhaps with a growing British familiarity with Japanese cuisine, will come a greater yearning for more authentic and traditional Japanese food.

解説

・decades ago・・数十年前
・be unfamiliar with・・知られていない
・synonymous・・同意語
・persist・・残る
・high street・・繁華街
・pickled ginger・・生姜漬け
・most well-known・・最も知られた

・cuisine・・料理
・‘kaiten’ conveyor belt system・・回転コンベアシステム
・vibrant・・活気に満ちた
・inside the conveyor belt loop・・回転ベルトの輪の中で
・colour-coded・・色分けされた

・modern twists・・現代風
・Thai and Vietnamese-inspired dishes・・タイやベトナム風の料理
・uniform rows of communal benches・・一列に並んだ共同のベンチ
・alongside・・〜と一緒に
・in-keeping with~・・〜に則ったもの

・center around・・焦点をあてている
・rice bowl・・丼(どんぶり)
・vibrant salad・・色鮮やかなサラダ
・prawn・・えび
・goe half-price・・半額になる
・a flurry of・・たくさんの
・grocery products・・食料品
・ramen broth・・ラーメンのスープ

・pungent・・辛味のある
・horseradish・・ワサビ
・hearty・・心からの
・platter・・大皿

・minimalist・・ミニマリストな、シンプルな
・nutrition・栄養
・prove・・証明する
・far cry away from~・・〜とは全然違う
・sushi filling・・寿司詰め
・prevalent・・流行している
・inevitable・・避けられない
・penetrate・・参入する
・yearning・・憧れ

イギリスの日本食チェーンレストラン

ほんの数十年前、イギリス人の大半が日本食に馴染みがなかったのは、ほんの数十年前のことでした。寿司」が「生魚」と同義語であるという誤解は、今でも根強く残っています。しかし、現在の状況は全く異なります。多くのイギリス人は寿司だけでなく、カツカレーや丼物、うどんなどの日本料理にも精通しています。イギリスの街のハイストリートの大半には日本食レストランがあり、ほとんどのイギリスのスーパーマーケットでは、生姜を漬けた巻き寿司と醤油の小瓶がパックになったものが売られています。この記事では、イギリスで最も有名な日本食レストランチェーンを4つ紹介します。

YO!Sushi

YO!Sushi(1997年創業)は、活気に満ちたファンキーなインテリアに囲まれた店内で、回転寿司を中心とした日本料理を提供しています。回転寿司は、回転寿司の中で職人が握っており、お客さんはその周りに座って料理を見ることができます。お客さんはベルトコンベアーから寿司を選んだり、メニューから特別なものを注文したりすることができます。お皿は値段によって色分けされているので、最後には空のお皿を数えてお会計をすることができます。空港ターミナルやデパートなどでもよく見かけます。

ワガママ

このリストの中で最も古い会社であるWagamamaは、1992年に1号店をオープンしました。メニューは伝統的な日本料理を現代風にアレンジしたものが中心ですが、タイやベトナム風の料理もあります。また、植物性のカツカレーをベースにした「ビーガツ」など、革新的なビーガン料理のオプションもあります。
Wagamamaの客席のデザインは非常にユニークで、客は一列に並んだ共同のベンチに座るので、混雑している時間帯には異なるグループが並んで食事をすることができます。また、他のテーブルの人がまだ料理を受け取っていなくても、料理ができあがるとすぐにテーブルにサーブされます。これはイギリスの習慣に反するもので、食事を始める前に他の人の食事が来るのを待つのが礼儀とされています。しかし、これは東アジアのエチケットに則ったもので、料理が冷めてしまうのを防ぐことができます。

イツ

イッツーのブランド(1997年設立)は、クリーンな食生活を中心に展開しています。生野菜を使ったスムージーやクリンカツ丼、海藻や枝豆のサラダなどがある。しかし、寿司となると、サーモン、マグロ、エビなどの定番メニューの他には、あまり選択肢がありません。寿司とサラダは閉店30分前にはすべて半額になるので、その頃にはお客さんが殺到することもしばしば。また、イギリスのスーパーではラーメンのスープや味噌粉などの食料品も販売しているので、日本食を家庭で作ることもできる。

わさび

かぼちゃのカツカレー、サーモンの照り焼き、焼きそばなど、温かくてボリューム満点のお弁当メニューが自慢です。また、寿司は一人一人で包んで販売しているので、新しい種類の寿司を試してみたり、自分だけの美味しい寿司を作ってみたりすることができます。

これら4つのレストランチェーンのそれぞれは、独自のコンセプトに基づいて構築されていますが、彼らがすべてに共通しているのは、栄養、クリーンでミニマルなブランドデザインに焦点を当てており、彼らの最初の支店はすべてロンドンで設立されたという事実です。すべての4つは、英国の人々のための非常に人気のある食事の選択肢であることが証明されている一方で、多くの日本人(または日本に行ったことがある人)は、食べ物は遠く離れた本物の取引から遠いと言う。例えば、アボカドとツナのマヨネーズが入った巻き寿司はイギリスでは最も一般的な寿司の具材ですが、日本では全く一般的ではありません。外国市場に参入しようとすると、食文化の希薄化や改変は避けられないが、イギリス人の日本料理への親近感が増すにつれ、より本格的で伝統的な日本食への憧れが増すのかもしれない。

音声

Follow me!

コメントを残す