Road Rage and Japan’s New Law against ‘Obstructive Driving’

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Road Rage and Japan’s New Law against ‘Obstructive Driving’ 

‘Road rage’ is aggressive or angry behaviour by drivers of a moving car, motorcycle, or bicycle, which may cause danger to the surrounding traffic. Recently, belligerent driving has become such a big issue in Japan that national law has begun to impose stricter penalties for those who engage in it. As of 30th June, 2020, a new law against ‘obstructive driving’ will impose a maximum penalty of five years in prison or a fine of one million yen, in addition to the revocation of the driver’s license. The definition of ‘obstructive driving’ includes aggressive tailgating, excessive honking, braking too fast, and stopping a car in front of other vehicles in order to hinder their movement.
 While ‘obstructive driving’ itself has been around for a long time, the reason why it has been making headlines in recent years is because of more driving recorders being installed in cars. Video footage can now be presented as evidence by victims of road rage, who can also post the tapes on social media platforms like Youtube. This means that the public has become increasingly aware of the problem.
It is likely that more severe penalties will be introduced in the future if the number of accidents caused by road rage and ‘obstructive driving’ continues to increase.

解説

・road rage・・あおり運転
・obstructive driving・・妨害運転
・moving car・・移動車両
・belligerent・・好戦的な
・impose・・課する
・engage in・・従事する
・fine・・罰金
・revocation・・失効
・tailgating・・直前の車にぴったりつけて運転する[走る]こと
・excessive honking・・過度にクラクションを鳴らす
・braking too fast・・いきなりブレーキをかける事
・hinder・・妨げる
・headlines・・見出しとなる
・video footage・・ビデオ映像
・more severe penalties・・より厳しいペナルティ

あおり運転と日本の「迷惑運転」対策新法

あおり運転とは、移動中の車やバイク、自転車などの運転手が、周囲の交通に危険を及ぼす恐れのある攻撃的な行動や怒りに満ちた行動のことをいい、最近では日本でも大きな問題となっている。最近、日本では好戦的な運転が大きな問題となっており、国の法律では、好戦的な運転をした人に厳しい罰則を課すようになってきています。2020年6月30日からは、新しい法律では運転免許の取り消しに加えて、最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられることになりました。「妨害運転」の定義には、積極的な尾行、過剰なクラクション、急ブレーキ、他の車の動きを妨げるために前方に車を停止させることなどが含まれています。
妨害運転」自体は昔からありましたが、近年話題になっているのは、車に搭載されるドライブレコーダーが増えてきたからです。ビデオ映像は、道路での暴行の被害者が証拠として提示できるようになり、そのテープをYoutubeのようなソーシャルメディアのプラットフォームに投稿することもできるようになった。これは、一般の人たちの問題意識が高まっていることを意味します。
今後もあおり運転や「妨害運転」による事故が増え続ければ、より厳しい罰則が導入される可能性が高い。

音声

Follow me!

1件のコメントがあります

コメントを残す