Rwanda: An ICT Nation

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Rwanda: An ICT Nation

Rwanda is a republic located in East Africa, with a land area of about 26,340 km² (about 1.5 the size of Shikoku) and a population of about 12.21 million, making it the most densely populated country on the African continent. In recent years, Rwanda has experienced rapid economic growth. One of the reasons for this is the spread of information and communication technology (ICT).

In 2006, the percentage of Rwandan households with at least one mobile phone was only 6.2%. Today, about 90% of the population own cell-phones. 40% of them are smartphone owners, who can use apps like Monzo to make payments for buying and selling goods, or use Uber to call motorcycle taxis. Even in Japan, a developed country, it is only in the last few years that the use of such online payment and vehicle dispatch apps has become commonplace.

Rwanda’s leader, President Kagame, has identified ICT as a key part of the country’s economic growth strategy, which has led to the launch of ICT-related entrepreneurial support programs and investment from developed countries – for example, JICA’s collaboration in the development of Rwanda’s ICT human resources.

Today, Rwanda is considered a center of innovation that will drive Africa forward economically, and both developing and developed countries will be closely watching its next moves.

解説

・republic・・共和国
・about 1.5 the size of Shikoku・・四国の1.51倍の大きさ
・population・・人口
・density・・濃く、密集して、入り込んで
・populated・・人口の多い
・the most densely populated country・・最も人口密度の高い国
・In recent years・・近年
・rapid economic growth・・急速な経済成長
・ICT・・情報通信技術
・households・・世帯
・motorcycle taxi・・バイクタクシー
・developed country・・先進国
・last few years・・ここ数年
・vehicle dispatch・・配車
・commonplace・・当たり前
・launch・・打ち出す
・entrepreneurial support program・・起業支援プログラム
・human resources・・人材
・a center of innovation・・イノベーションの中心地

ルワンダ ICT国家 

ルワンダは、東アフリカに位置する共和制国家で、国土面積は約26,340km²(四国の約1.5倍)、人口は約1221万人で、アフリカ大陸で最も人口密度の高い国です。近年、ルワンダは急速な経済成長を遂げています。その背景には、ICT(情報通信技術)の普及があります。

2006年には、ルワンダの携帯電話を1台以上持っている世帯の割合はわずか6.2%でしたが、現在では約90%の世帯が携帯電話を持っています。現在では人口の約90%が携帯電話を所有している。そのうちの4割がスマートフォンを所有しており、モンゾなどのアプリを使って商品の売買の支払いをしたり、Uberを使ってバイクのタクシーを呼んだりしている。先進国である日本でも、こうしたオンライン決済や配車アプリの利用が当たり前になったのはここ数年のことだ。

ルワンダのリーダーであるカガメ大統領は、ルワンダの経済成長戦略の中でICTを重要視しており、ICT関連の起業支援プログラムや先進国からの投資、例えばJICAによるルワンダのICT人材育成への協力などが行われています。

現在、ルワンダはアフリカ経済を牽引するイノベーションの中心地とされており、開発途上国、先進国を問わず、ルワンダの今後の動きに注目が集まっています。

音声

Follow me!

コメントを残す