The Broken Window Theory: New York City’s Crime Rate Declines

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

The Broken Window Theory: New York City’s Crime Rate Declines

During the 1980s and 1990s, crime rates in New York City were extremely high, with 600,000 serious crime incidents (including 2,000 murders) being reported per year, and a substantial proportion of these crimes took place on the subway. However, subway crime dropped dramatically in the late 1990s. This was due to an initiative by the New York City government, which focused on cleaning up graffiti in the subway and enforcing fines for passengers who boarded without buying a ticket.

Surprisingly, this resulted in not only a decrease in the number of misdemeanors, but also a reduction in the number of serious crimes. This is known as the “broken window theory,” which is based on the idea that visible signs of crime (like broken windows) create an environment that encourages further, more serious crimes. That is to say, if one window is left broken, more windows will be damaged and the entire area might eventually fall into disrepair. However, if the window is repaired in a short space of time, the surrounding buildings are less likely to be vandalised. In other words, putting measures in place to prevent less serious crimes on the subway, like petty theft and vandalism, has had a knock-on effect on the rate of more serious crimes, like shootings and knife attacks.

解説

・The Broken Window Theory・・割れ窓理論
・crime rates・・犯罪率
・extremely・・極端に
・serious crime incidents・・重犯罪率
・substantial proportion・・かなりの割合
・take place・・発生する、行われる
・dramatically・・劇的に
・due to・・~の結果である
・initiative・・主導権、イニシアチブをとる
・graffiti・・落書き
・subway・・地下鉄
・fine・・罰金
・passengers・・乗客
・Surprisingly・・驚くべきことに
・misdemeanor・・軽犯罪
・reduction・・減少
・visible signs of crime・・目に見える犯罪の兆候
・left broken・・壊れたままにされる
・in a short space of time・・短時間の間で
・vandalise・・破壊する
・In other words・・つまり
・put A in place・・Aを導入する
・measures・・対策
・petty theft・・軽い窃盗
・vandalism・・破壊行為
・knock-on effect・・(一つのことが次々に波及する)ドミノ効果

割れ窓理論 ニューヨーク市の犯罪率低下

1980年代から1990年代にかけて、ニューヨーク市の犯罪率は非常に高く、年間60万件(うち2000件の殺人事件)の重大犯罪が報告されており、そのかなりの割合が地下鉄で発生していた。しかし、1990年代後半になると地下鉄犯罪は激減した。これは、ニューヨーク市政府が地下鉄の落書きを一掃し、切符を買わずに乗車した乗客に罰金を科すことに力を入れたことによるものである。

驚くべきことに、この結果、軽犯罪の数が減っただけでなく、重大犯罪の数も減ったのです。これは「割れ窓理論」と呼ばれるもので、目に見える犯罪の兆候(窓が割れているなど)が、さらに重大な犯罪を助長する環境を作り出すという考え方に基づいています。つまり、1つの窓が割れたままにしておくと、さらに多くの窓が破損してしまい、地域全体が荒廃してしまう可能性があるということです。しかし、窓を短期間で修理すれば、周辺の建物が荒らされる可能性は低くなります。つまり、地下鉄での軽窃盗や破壊行為のように、それほど深刻ではない犯罪を防ぐための対策を講じることで、銃撃やナイフ攻撃のように、より深刻な犯罪の発生率にドミノ効果をもたらしているのです。

音声

Follow me!

コメントを残す