Silicon Valley through COVID-19 Part 3

B.A
ウルグアイ出身。大学ではコンピュータ工学を専攻。
卒業後、シリコンバレーのFacebookで働く。
2020年に日本に移住しGoogleに入社。

Silicon Valley through COVID-19 Part 3

This being said, there are still definitely challenges ahead. The pandemic has so far proved to the industry that a fully distributed workforce is feasible, but as offices start reopening, teams will have to face the new challenge of having perhaps half of their members (or even just a few) working remotely. While tools like Zoom and chat applications have enabled employees to more or less effectively work together while fully remote, it’s still unclear how technology would need to further adapt to make it possible for teams to work semi-remotely, while ensuring that everyone in a team maintains the same ability to participate.

In a post-pandemic world, even with people shifting to working from home more often than before, we will remain social beings. Motivation will be better fed by sharing physical spaces with others, enjoying a beer over happy hour, or just having a casual chat in the kitchen area. I am already looking forward to getting these moments back.

解説
  • feasible・・実現可能
  • start reopening・・再開し始める
  • enable ~ to V・・~がVすることを可能にする
  • more or less・・多かれ少なかれ
  • adapt・・適応する
  • semi-remotely・・半リモートに
  • ensure・・保証する
  • In a post-pandemic world・・パンデミック後の世界では
  • social beings・・社会的存在
  • fed by・・与えられる
  • physical spaces・・物理的な空間
コロナ下でのシリコンバレー パート3

そうは言っても、まだまだ課題は山積しています。パンデミックはこれまでのところ、完全に分散した労働力が実現可能であることを業界に証明してきましたが、オフィスの再開に伴い、チームは、おそらく半数のメンバー(あるいは数名)がリモートで仕事をするという新たな課題に直面しなければなりません。Zoom やチャットアプリケーションのようなツールは、従業員が完全リモートで多かれ少なかれ効果的に一緒に仕事をすることを可能にしましたが、チームの全員が同じ能力を維持しながら半リモートで仕事をすることを可能にするために、テクノロジーがどのように適応していく必要があるのかはまだ不明です。

パンデミック後の世界では、人々が以前よりも頻繁に自宅で仕事をするようになったとしても、私たちは社会的な存在を維持することには変わりはありません。物理的な空間を他の人と共有したり、ハッピーアワーでビールを飲んだり、キッチンエリアで気軽におしゃべりしたりすることで、モチベーションはより高められるでしょう。このような時間を取り戻せることを、私はすでに楽しみにしています。

音声

Follow me!

コメントを残す