Silicon Valley through COVID-19 Part 2

B.A
ウルグアイ出身。大学ではコンピュータ工学を専攻。
卒業後、シリコンバレーのFacebookで働く。
2020年に日本に移住しGoogleに入社。

Silicon Valley through COVID-19 Part 2

Then COVID-19 came along. From one month to the next, nearly all tech employees in Silicon Valley were required to start working from home, with companies having to figure out on-the-fly how to adapt to the new reality. From workspace issues such as how to make an employee’s house a comfortable place to work for nine hours a day, to teamwork dynamics where people had to figure out from one day to the next how to operate remotely.

A few months passed and we still saw the new MacBooks coming along, then the new iPhone. A new batch of Pixel phones by Google, and the new Oculus Quest 2 by Facebook. Almost without having realized it, the tech community had proved to the world that it could remain productive while working remotely.

It certainly proved this to company executives. Twitter was the first one to announce that it had told its workers that they could work from home indefinitely. Facebook followed along saying that employees will be eligible to work from home permanently as long as they maintained a strong performance. This pandemic forced the tech industry to test what it had not been courageous enough to test on its own: that a distributed workforce was possible. 

While the results of the pandemic have been disastrous throughout the world, it has ultimately been a relatively positive thing for the tech industry. The situation is making companies start hiring based purely on the candidate skills, rather than location, which ultimately enables them to build more diverse teams, and thus results in better products. Career opportunities in the tech industry may also start becoming more fairly distributed across the globe.

解説
  • be required to V・・Vすること余儀なくされる
  • on-the-fly・・急いで
  • how to adapt to the new reality・・新しい現実にどう適用するか
  • a batch of ・・一束の、一群の、一団の、一組の
  • remain productive・・生産性を維持する
  • indefinitely・・無期限に
  • be eligible to V・・権利がある
  • permanently・・永久に
  • a distributed workforce・・分散された人的資源
  • the candidate skills・・候補者のスキル
  • more fairly・・より公平に
コロナ下でのシリコンバレー パート2

そしてCOVID-19が登場しました。シリコンバレーのテック企業では、ほぼすべての社員が在宅勤務を余儀なくされ、企業はこの新しい現実にどう適応していくかをその場で考えなければなりませんでした。社員の自宅をどうやって1日9時間仕事ができる快適な場所にするかといったワークスペースの問題から、チームワークの力学的な問題まで、社員がどのようにリモートで仕事をするかを1日から次の日まで考えなければなりませんでした。

数ヶ月が過ぎても、私たちはまだ新しいMacBookの登場を見ていましたが、次に新しいiPhoneが登場しました。Googleの新しいPixelフォン、Facebookの新しいOculus Quest 2。ほとんど気づかないうちに、技術コミュニティは、リモートで仕事をしていても生産性を維持できることを世界に証明していた。

それは確かに企業の重役たちによっても証明された。Twitterは、従業員に無期限に自宅で仕事ができることを伝えたことを発表した最初の企業でした。Facebookは、従業員が好調な業績を維持している限り、従業員は永久に自宅で仕事をすることができる資格があると言って続いた。このパンデミックは、テック業界に、これまで自分たちではテストする勇気がなかったこと、つまり、分散型の労働力が可能であることをテストすることを余儀なくさせた。

パンデミックの結果は世界中で悲惨な結果となったが、最終的にはテック業界にとっては比較的ポジティブなものとなった。このような状況を受けて、企業は場所ではなく、純粋に候補者のスキルに基づいて採用を開始するようになり、最終的にはより多様なチームを構築することが可能になり、結果としてより良い製品を生み出すことができるようになりました。また、テック業界でのキャリアの機会も、より公平に世界中に分散していくことができるようになるかもしれません。

音声

Follow me!

コメントを残す