Oxford University’s Wadham College: A Promoter of Diversity and Equal Rights

L.D
オックスフォード大学で東洋学を学び卒業。
ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で社会人類学のMAを取得。現在はイギリスで教育関連の仕事に従事している。

Oxford University’s Wadham College:
A Promoter of Diversity and Equal Rights

Established in 1601, Wadham College has a reputation for being one of the most liberal and progressive colleges of Oxford University. In 1974, it became one of the first previously all-male colleges to admit women as members. Wadham also holds an annual race symposium, and the college community was active in the campaigns against apartheid in South Africa (leading to the tradition of ‘Free Nelson Mandela’ by The Specials being played at the end of every bop*). Also, whilst Oxford University as a whole has always struggled to admit a diverse range of applicants, with many colleges receiving criticism for their poor outreach efforts, Wadham College’s commitment to diversity can be seen in its student body demographics. For example, in 2018 Wadham admitted 30% more state school students than its neighbour, Trinity College. What Wadham is most known for, however, is its promotion of sexual diversity and LGBT rights. 

In 2011, Wadham became the first college to fly the Rainbow Flag, as part of the college’s annual Queer Week at the end of Michaelmas Term** – a week of visiting speakers, panel discussions, workshops and debates, organised by Wadham students. Queer Week culminates in Oxford’s biggest celebration of sexual diversity: Queer Fest, an annual event with live music and dancing. The Rainbow Flag is also flown over Wadham throughout February for International LGBT History Month. Openly LGBT events at Wadham were happening even in the 1970s, when Blasphemy Disco (organised by Oxford’s Gay Soc***) took place in Wadham’s Junior Common Room. The Wadham community’s commitment to gay rights has had far-reaching effects across the globe: the Indian Supreme Court’s recent decriminalisation of gay sex was based on research by an associate professor of Wadham College, Dr Tarun Kahitan.

Oxford as a whole still has a long way to go when it comes to diversity and inclusion, but from many students’ accounts, Wadham college’s reputation as a welcoming and friendly community for all gender identities, ethnicities, sexualities, and socio-economic backgrounds is integral to its status as a place of academic brilliance and progressive thinking. 
* Oxford university themed costume parties.
** Michaelmas Term – The first of the three Oxford Terms. The second and third terms are Hilary and Trinity, respectively.
***Soc = Society

解説
  • Liberal・・リベラルな、個人の自由を尊重する
  • all-male colleges・・男性だけのカレッジ
  • Annual・・一年の
  • Race・・人種の
  • Symposium・・シンポジウム
  • active in the campaigns・・キャンペーンに積極的である
  • apartheid・・アパルトヘイト
  • Free Nelson Mandela・・ネルソンマンデラ
  • Bop・・オックスフォード大学をテーマにした仮装パーティー
  • whilst・・一方で
  • as a whole・・全体として
  • a diverse range of・・様々な種類の
  • applicants・・候補者
  • poor outreach efforts・・努力不足
  • student body demographics・・学生全体の人口統計
  • sexual diversity and LGBT rights・・性的多様性とLGBTの権利
  • fly the Rainbow Flag・・レインボーフラッグを掲げる
  • the college’s annual Queer Week・・年に一度の風変りな週
  • Michaelmas Term・・マイケルマス・ターム – 3つのオックスフォード・タームのうちの最初のターム。2期目はヒラリー、3期目はトリニティ
  • culminate・・最高潮に達する
  • Queer Fest・・風変りな会合
  • far-reaching effects・・遠くまで及ぶ効果
  • the Indian Supreme Court・・インドの最高裁判所
  • decriminalisation・・以前違法だった何かを法的に有効とする立法
  • Inclusion・・〔人種・文化などの〕多様性の受け入れ
  • Reputation・・評判
  • is integral to・・不可欠である
  • brilliance・・輝き
オックスフォード大学ウォドム・カレッジ 多様性と平等な権利の推進者

1601年に設立されたウォドム・カレッジは、オックスフォード大学の中でも最もリベラルで進歩的なカレッジの一つとして知られています。1974年には、それまで男性ばかりだったカレッジの中で、女性をメンバーとして認めた最初のカレッジの一つとなりました。また、ウォドム・カレッジは毎年人種シンポジウムを開催しており、カレッジのコミュニティは南アフリカのアパルトヘイトに反対するキャンペーンに積極的に参加していました(それは、スペシャルズによって演奏される「ネルソン・マンデラ」が毎回仮装パーティーの最後に流れるという伝統につながっています)。また、オックスフォード大学全体としては、多様な志願者を受け入れることに常に苦労しており、多くのカレッジが劣悪なアウトリーチ活動で批判を受ける中、ウォドム・カレッジの多様性への取り組みは、学生全体の人口統計に見ることができます。例えば、2018年、ウォドム・カレッジは隣のトリニティ・カレッジよりも30%多くの州立学校の学生を入学させました。しかし、ウォドム・カレッジが最も知られているのは、性的多様性とLGBTの権利を推進していることです。

2011年、ウォドム・カレッジは、マイケルマスタームの終わりに毎年行われるカレッジのクィアウィーク**の一環として、レインボーフラッグを掲揚した最初のカレッジとなりました – ウォドム・カレッジの学生が主催する、訪問講演者、パネルディスカッション、ワークショップ、ディベートの1週間です。クィアウィークは、オックスフォード最大の性的多様性の祭典で締めくくられます。クィアフェストは、音楽やダンスのライブが行われる年に一度のイベントです。また、2月の国際LGBT歴史月間には、レインボーフラッグがワダムに掲揚されます。Wadhamでは1970年代にもLGBTのオープンなイベントが行われており、Blasphemy Disco(Oxford’s Gay Society主催)がWadhamのジュニアコモンルームで開催されていました。ウォドム・カレッジ・コミュニティのゲイの権利へのコミットメントは、世界中で広範囲に影響を及ぼしました。インドの最高裁が最近行ったゲイ・セックスの合法化は、ウォドム・カレッジの准教授であるタルン・カヒタン博士の研究に基づいています。

オックスフォード全体として、それは多様性とインクルージョン(多様性の受け入れ

)になると、まだ長い道のりがありますが、多くの学生からは、すべての性別のアイデンティティ、民族、セクシュアリティ、社会経済的背景のための歓迎と友好的なコミュニティとしてのウォドム・カレッジの評判は、学術的な輝きと進歩的な思考の場所としてのステータスに不可欠です。

* オックスフォード大学をテーマにした仮装パーティー。

** マイケルマス・ターム – 3つのオックスフォード・タームのうちの最初のターム。2期目はヒラリー、3期目はトリニティ。

***Soc = Society(社会)

音声

Follow me!

コメントを残す