The Importance of Sleep

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

The Importance of Sleep

While the amount of sleep needed to function well can vary from person to person, in general medical professionals agree that people need at least seven hours of sleep every night.  Without sleep, we cannot think or move as well as we would like. So, what are the main benefits of sleep?

Recovery from fatigue

When people are awake, they are using not just physical strength but mental strength, even when they do not seem to be doing anything. This leads to fatigue accumulating in the body. Sleeping helps to rest the mind that is being used constantly while awake and allows it to recover from fatigue.

Organization and consolidation of memory

Sleep can help us organize what we experienced while awake and consolidate those experiences in our memory. Every night people go through cycles of deep and shallow sleep.  The deep sleep allows us to organize our experiences, while the shallow sleep allows us to consolidate those experiences into memory.

Heightened immune system function

Lack of sleep leads to hormonal imbalances and a weakened immune system. Therefore, if you don’t get enough sleep, you are more likely to get sick and become more susceptible to illness. In fact, most colds are said to be caused by a lack of sleep.

In conclusion, because sleep does so much to help heal the body and the mind, I encourage my readers to try to get seven hours of sleep each night.  This may be difficult in today’s fast moving society, but with a healthy body we can work harder to study English together. 

解説
  • vary・・異なる
  • in general・・一般的に
  • physical strength・・体力
  • mental strength・・精神力
  • fatigue accumulating in the body・・体に疲労が蓄積する
  • constantly・・常に
  • consolidation・・整理
  • go through・・経験する
  • shallow・・浅い
  • immune system function・・免疫機能
  • susceptible・・影響を受けやすい
  • fast moving society・・動きのはやい社会

睡眠の重要性

睡眠の重要性

十分に機能するために必要な睡眠の量は個人差がありますが、一般的に医療関係者の間では、人は毎晩最低でも7時間の睡眠が必要であるという意見が一致しています。 睡眠がなければ、私たちは思うように考えたり、動いたりすることができません。では、睡眠にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

疲労回復

人は起きている時は、何もしていないように見えても、体力だけでなく精神力を使っています。そのため、体に疲労が蓄積されていきます。睡眠をとることで、起きている間に絶えず使われている心を休ませ、疲労を回復させることができます。

記憶の整理と集約

睡眠は、起きている間に経験したことを整理し、それらの経験を記憶に定着させるのに役立ちます。人は毎晩、深い眠りと浅い眠りのサイクルを繰り返しています。 深い眠りでは経験を整理することができ、浅い眠りではそれらの経験を記憶に定着させることができます。

免疫機能の高まり

睡眠不足はホルモンバランスの乱れや免疫力の低下につながります。そのため、睡眠不足になると病気にかかりやすくなったり、病気にかかりやすくなったりします。実際、風邪のほとんどは睡眠不足が原因と言われています。

結論としては、睡眠は心と体を癒す働きがあるので、読者の皆さんには毎晩7時間の睡眠を心がけていただきたいと思います。 動きの速い現代社会では難しいかもしれませんが、健康な体があれば、一緒に英語の勉強に励むことができます。

音声

Follow me!

コメントを残す