Tabe Choku

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Tabe Choku

Tabe Choku is a service that allows farmers to sell their products directly to individual consumers and restaurants online.

The reason why the founders started this service is that the conventional method of delivering produce to consumers involves a lot of intermediaries and the system is not profitable for farmers. Also, with so many middlemen, it was difficult for farmers to communicate directly with each consumer and get feedback on what they thought of the produce they purchased.

Tabe Choku solves these problems. By eliminating the middleman, farmers can now offer products at a lower price to consumers. In addition, because they can communicate directly with customers, they can flexibly set the delivery times and the number of units to be sold.

The system has also made it possible for farmers who were not able to make much money under the previous system due to the coronavirus to earn a profit by selling directly to individuals.

Today, there are more than 1,000 registered suppliers using Tabe Choku, making it one of the most interesting start-up companies to watch.

解説
  • individual consumers ・・個人消費者
  • conventional method・・従来のモデル
  • intermediaries・・仲介業者
  • profitable・・儲かる
  • middlemen・・仲介者
  • eliminate・・排除する
  • at a lower price・・低価格で
  • flexibly・・柔軟に
  • under the previous system・・従来の制度では
  • registered suppliers・・業者の登録数
食べチョク

食べチョクは、農家が生産した農産物をオンラインで個人消費者や飲食店に直接販売できるサービスです。

創業者がこのサービスを始めた理由は、従来の農産物を消費者に届ける方法では、多くの中間業者が存在し、農家にとっては採算が合わないシステムだったからです。また、中間業者が多いため、農家が消費者と直接コミュニケーションを取り、購入した農産物の感想を聞くことが難しいという課題がありました。

これらの問題を解決するのが食べチョクです。中間業者を排除することで、農家は消費者に低価格で商品を提供できるようになりました。また、消費者と直接コミュニケーションが取れるため、納期や販売個数なども柔軟に設定できるようになりました。

また、コロナウイルスの影響で従来の制度ではあまり儲からなかった農家も、個人に直接販売することで利益を得ることができるようになりました。

現在では、「たべちょく」を利用している業者の登録数は1,000社を超えており、注目したいスタートアップ企業の一つとなっています。

音声

Follow me!

コメントを残す