Quirky Traditions of Oxford University: The Corpus Christi Tortoise Race

L.D
オックスフォード大学で東洋学を学び卒業。ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で社会人類学のMAを取得。現在はイギリスで教育関連の仕事に従事している。

Quirky Traditions of Oxford University:
The Corpus Christi Tortoise Race

The University of Oxford has a plethora of age-old traditions, some sophisticated, others somewhat whacky. An example of the latter is a custom which dates back to the 1970s and regularly attracts in excess of 1000 attendees: the Corpus Christi Tortoise Race.

Oxford University is made up of 39 constituent colleges, many of which have a resident pet cat that is usually cared for by the porter staff. Several colleges, however, opt for a pet tortoise. It is a mostly quiet life for these tortoises, who are fed and watered by one specially-nominated student and who hibernate through the winter months. But every summer, these reptiles are called upon to compete against each other for the title of Oxford University’s speediest tortoise.

The competition takes place in June in the back quad* of Corpus Christi college. Lettuce leaves are laid down in the shape of a circle, and on the count of three, the tortoise handlers release their tortoises from the centre of the circle. The first tortoise to reach the lettuce leaves is crowned the winner. The actual race usually lasts for only a few minutes or seconds, but it is part of the larger Corpus Christi Tortoise Fair, which includes many fun activities and from which all proceeds are donated to charity.

Ever since Balliol College’s tortoise Rosa mysteriously disappeared in 2000 (some suspect foul play by rival next-door-neighbours, Trinity College), Balliol has nominated a (human) student to compete in the race. Of course, humans have quite a significant advantage over tortoises when it comes to racing. As such, the Balliol competitor is handicapped by having to consume an entire iceberg lettuce before they are allowed to start running. This effectively eliminates the human from the competition in most cases.

*A quad (quadrangle) is an outdoor square space with buildings round it.

解説
  • plethora・・過多、過度
  • age-old・・大昔からの
  • sophisticated・・洗練された
  • whacky・・滑稽な
  • an example of the latter・・後者の例
  • custom・・慣習、風習
  • dates back to the 1970s・・1970年代に遡る
  • in excess of~・・~を超える
  • attendees・・参加者
  • constituent・・構成された
  • resident・・在住の
  • porter・・(アパート・寮の)管理人
  • opt for ・・選択する
  • tortoise・・カメ
  • specially-nominated student・・特別に選ばれた学生
  • hibernate・・冬眠する
  • reptile・・爬虫類
  • compete・・競争する
  • take place・・開催される
  • Corpus Christi college・・コーパス・クリスティ・カレッジ
    (オックスフォード大学のカレッジの一つ)
  • lay down・・敷く
  • in the shape of a circle・・円の形に
  • on the count of three・・3秒を数える
  • the tortoise handlers・・カメを持っている人
  • proceeds・・収益
  • donate・・寄付する
  • charity・・チャリティー、慈善団体
  • Balliol College・・ベリオール・カレッジ
    (オックスフォード大学のカレッジの一つ)
  • mysteriously・・不可解なことに
  • disappear・・いなくなる
  • foul play by~・・悪事が~によって行われた
  • nominate・・指名する
  • consume an entire iceberg lettuce・・レタスの塊を食べる
オックスフォード大学の風変わりな伝統 コーパスクリスティのカメレース

オックスフォード大学には、洗練されたものもあれば、やや奇抜なものもあり、古くからの伝統がたくさんあります。後者の例としては、1970年代にさかのぼり、定期的に1000人以上の参加者を集めるコーパス・クリスティ・トータス・レースがあります。

オックスフォード大学は39のカレッジで構成されていますが、その多くはペットの猫を飼っており、通常はポーターのスタッフが世話をしています。しかし、いくつかのカレッジでは、ペットのカメを飼っているところもあります。特別に選ばれた一人の学生が餌と水を与え、冬の間は冬眠するカメたちにとっては、ほとんどが静かな生活です。毎年夏になると、この爬虫類たちは、オックスフォード大学で最もスピードのある亀の称号をかけて競い合うことになります。

この大会は、6月にコーパス・クリスティ大学の裏庭で行われます。レタスの葉を円の形に敷き、3つ数えると、亀の持ち手が円の中心から亀を放します。レタスの葉に到達する最初の亀は勝者の称号を与えられる。実際のレースは通常、数分または数秒で終わりますが、これは大規模なコーパスクリスティのカメフェアの一部です。そして、このフェアには、多くの楽しいアクティビティが含まれている。そして、そこからすべての収益は慈善団体に寄付されている

ベリオールカレッジの亀ローザが2000年に謎の失踪をして以来(ライバル校である隣のトリニティ・カレッジの不正行為ではないかと疑われています)、ベリオール大学は(人間の)学生を指名してレースに出場させています。もちろん、人間は亀よりもレースではかなりのアドバンテージを持っている。このように、Balliol の競争相手は、彼らが実行を開始することを許可される前に全体の氷山レタスを消費する必要があることによってハンディキャップがあります。これは事実上、ほとんどの場合、競争から人間を排除することになります。

*クアッド(四角形)とは、屋外の正方形の空間のことで、周囲に建物が並んでいる。

音声

Follow me!

コメントを残す