グローバルビジネスパーソンとして活躍するための英語を日本で習得する方法

ライター:K.F
東大卒、バックパッカー、日本での就業等を経て日本のITスタートアップのインド法人代表として
「機会が無い人に機会を与える」ことを目的に活動

グローバルビジネスパーソンとして活躍するための英語を日本で習得する方法

海外で生活をし、仕事をしていると、英語はどうやって習得したのかという相談や質問を受ける。

日本人は英語が苦手という意識が強く、私が就職し、仕事をするインドでもビジネスパーソンでさえ英語が出来ない人が多いという声をインド人、日本人双方から耳にする。

かくいう私もバックパッカーとして海外を旅する前は英語を聴き、話すことには不便を覚えた。

かつ、英語の習得はその後日本で行った。

実体験に基づき、海外就職をした先に使えるビジネス英語をどの様に身につけていったのかを記載する。

実際に実施したのは下記3点。

1.オンライン英会話の受講

2.英語動画やラジオの定期的な視聴

3.とにかく話す

順を追って具体的にどの様にビジネスレベルの英語を習得するために勉強したかを記載する。

1.オンライン英会話の受講

今(2020年10月現在)数多くのオンライン英会話サービスが存在している。

まずはどれでも良いので無料体験をいますぐ申込、初回の日付を決定することを勧める。そもそもやらなければ一生上達しない。

オンライン英会話を勧める理由は至極よくあるもので、どこでも都合の良い時に受講でき、かつ比較的安価であることだ。

私の例で恐縮だが、友人との待ち合わせに早く着いた時にスマホでその場でその日のレッスンを申込み、受講したこともある。

これぐらい融通が効くため、時間が無いという言い訳が通用しない素晴らしいサービスだ。

また、最近ではレベル毎の教材や日本語が話せる先生なども充実しており、全くの初心者からビジネスレベル英語が可能な層までカバーしている。

この方法によってリスニング、スピーキング能力はもちろん、教材によっては文法表現やリーディング能力なども身に付けることができる。

2.英語動画やラジオの定期的な視聴

こちらは1以上に時間と場所に縛られない。

とにかく歯を磨く時や通勤する時、皿洗いをする時、掃除をする時などいつでも良いからまずは英語動画やラジオを流すだけ。

これによってリスニング能力が向上する。

最初は何も聞き取れなくて意味がわからなくても良い。今までネイティブ英語に接したことない人が最初から聴き取れる事はほぼありえない。誰もが何も分からない状態から始まるので安心して欲しい。

重要なのはとにかく毎日5分でも10分でも聴き続けることだ。

ちなみに私はCNN10という10分間のネット番組を視聴していた。海外のニュースも入ってくるため、聴き取れる様になってからは教養を深め、視野を広げることにも役に立っている。

とりあえず内容は何でも良いが、興味がありそうなもの、好きそうなものを選ぶことが継続のポイントかと思う。

3.とにかく話す

この方法は正直ハードルが高いと感じる人の方が大半に思われる。

私は六本木や新宿のバーで飲み、近くにいる外国の方と積極的に話をしていた。

もちろん拙い英語で。

私の場合は知らないこと、違うことに対する好奇心が強く、自然と話しかける性質だ。

そんなことは私にはできないと感じる人も多いと思う。ただ、一回でいいから実践してみて欲しい。自分の”できない”を壊すことはこの先の人生、とくに海外就職をしてグローバルビジネスパーソンとして活躍したいと考えている人にとっては非常に重要なことだ。

この具体的な行動によって英語の会話力やコミュニケーション能力そのもの、行動力、広い視野、物怖じしない態度、率先して行動する主体性など海外で活躍する上で非常に重要な能力を多く身につけていくことができる。

最近ではMeet Upなどのイベントで目的に応じた出会い方もできるので、まずは今週近場で実施されるイベントにでも行ってみて欲しい。

以上3点具体的に直ぐにできることを記載した。

すぐにできるのでまずばすぐに行動に移していただければと思う。

本当に海外で活躍したいのなら今日、今行動することが何よりも重要だ。

Follow me!

コメントを残す