Would you choose to be a winner or a loser?

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Would you choose to be a winner or a loser?

Most people, if given the choice, would choose to be a winner.
Imagine that you are a graduate student currently working on your thesis and you have just submitted your paper in a contest.

Although there is only one paper that will be selected in the end, your paper is one of the last two submissions to be considered. If your paper is honored here, it will help you win a lucrative grant for future research activities and open the door to future university researcher positions. Naturally, you would hope that your career will be great in the future and you would want your paper to win.

However, when you look at the future success of those who were honored versus those that weren’t, it becomes clear that early successes in life are not the best indicators of future career success.  According to one American study, those who lost or lost by a small margin, often have a better social status and/or higher annual income in life than those who won.

Those who know baseball are well aware of the story of Masahiro Tanaka, a pitcher for the New York Yankees, and Yuki Saito, a member of the Nippon-Ham Fighters. They played a game in Koshien when they were both in high school, and it was Yuki Saito who won the game. However, when it comes to baseball players today, Masahiro Tanaka is without a doubt the more successful player. There are many reasons for Masahiro Tanaka’s success, but one factor is that losing the Koshien game made him a stronger man.

Thus, what seems like a loss at first glance, when you focus on the future, is often a victory in the long-term.

解説
  • graduate student・・大学院生
  • thesis・・論文
  • submit A in B・・AをBに提出する
  • in the end・・最終的に
  • honor・・表彰する
  • lucrative・・有利な、儲かる
  • grant・・助成金
  • those who・・~する人々
  • versus・・~と比較して
  • indicator・・指標
  • small margin・・少し、少しの差
  • annual income・・年収
  • be aware of~・・~を認識している
  • when it comes to~・・(話が)…ということになると
  • without a doubt・・疑うことなく
  • at first glance・・一見すると
勝者、敗者 あなたはどちらを選ぶ?

ほとんどの人は、この質問をされた時に、選べるのであれば、勝者になることを選ぶであろう。
想像してみて欲しい。
あなたは今大学院生で、現在論文のコンテストに自身の論文を提出している。
最終的に選出される論文は1つであるが、あなたの論文は表彰される最後の2つの候補の内の一つである。ここで、論文が表彰されれば、今後の研究活動に有利な助成金の獲得、将来大学の研究員として働く際のアピールになる。当然、あなたは自身のキャリアが将来有利に働く事を期待し、論文が選出される事を強く望むであろう。

しかし、このコンテストで表彰されなかった人と表彰された人との将来を見てみた場合、人生においての若い内の成功は必ずしも、将来のキャリアの成功の指標となることはない。あるアメリカの研究によると、競争に勝った者よりも、競争に負けた、惜敗した人の方が、人生で良い社会的地位を得たり、高い年収を得ている事がよくある。
野球を知っている人は、よく知っている話であるが、ニューヨークヤンキースに所属している田中将大投手と日本ハムファイターズに所属している斎藤佑樹が高校生の時に甲子園で試合を行い、結果、勝利したのは斎藤佑樹であった。しかし、野球選手として現在どちらが活躍しているかというと間違いなく田中将大であろう。田中将大が成功している理由はたくさんあるが、一つの要因は、甲子園の試合で負けた事が彼自身を強くした事である。

このように一見、その時だけに焦点を当てると、負けたように思える事が、人生という長期的なスパンで物事を見ると、勝っている場合が多々あるのである。

音声

Follow me!

コメントを残す