Why character merchandise at Disneyland is so expensive

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Why character merchandise at Disneyland is so expensive

People come to Tokyo Disneyland from all over the world every year. The annual number of visitors to the park reached over 32 million in 2018, showing no signs of waning in popularity. As the number of visitors to the park has increased, so has the sales of character merchandise. In this article, I will focus on merchandise sales at Disneyland and consider the psychology of people buying merchandise despite its high cost.

One reason is the power of the Disney brand. This means, of course, that because it is a Disney product, it can still attract many people to buy it even if it is expensive. On the other hand, Disney has been focusing on investing in far reaching advertising campaigns and are dedicated to improving customer satisfaction in order to increase the power of the brand.

Furthermore, the company views children as the target demographic for its merchandise sales. In other words, even if adults think it’s unnecessary, their purse strings are loosened and they buy the product for their children.

Have you ever thought about why the price of children’s books is so high? The reason is that even though the books are read by children, it is adults who buy the books so the prices of the products are targeted at them. There are some exceptions but in many cases the price of a product is based on the criteria of who that target audience is. The reason why the prices of medical and legal books are so high is because the target audience is doctors and lawyers.

Thus, the price of a product varies depending on the brand power of the product itself and the target audience to whom it is being sold.

解説
  • character merchandise・・キャラクターグッズ
  • wane・・衰える
  • waning・・waneの動名詞
  • no signs of~・・~の兆しがない
  • merchandise sales・・商品の売上
  • even if~・・例え〜でも
  • invest in~・・~に投資する
  • dedicate to~・・~に捧げる
  • target demographic・・ターゲット層
  • purse string・・財布の紐
  • loose・・緩む
  • exception・・例外
  • criteria・・基準
  • vary・・変わる
ディズニーランドでのキャラクターグッズが高い理由

東京ディズニーランドには毎年世界中から人々が集まってくる。年間来園者数も2018年には3200万以上を記録し、人気の衰えを感じさせない。来園者数の増加に伴い、キャラクターの商品販売の売上も伸びている。本記事では、ディズニーランドでのグッズ販売に焦点をあてて、グッズが高いにも関わらず、人々が商品を購入する心理について考えてみたい。
一つの理由としては、ディズニーというブランド力がある。これは当然のことながら、ディズニー商品というだけで、ブランドがあるので、価格が高い商品でも多くの人はそのブランドに魅かれて商品を購入するのである。ただ、その一方でディズニーは、ブランド力を高めるために、莫大なCMに対する投資、圧倒的なお客様満足度向上に力を入れている。

もう一つの理由としては、グッズの販売対象者を大人のお客様だけでなく、子供も販売する対象者としてみているということだ。つまり、大人のお客様が不必要と考え、購入しない場合であっても、彼らの子供が商品を欲しいと感じる場合、大人の財布の紐が緩み、子供のために商品を購入するのである。

子供向けの絵本の価格が高い理由について、考えたことがあるだろうか。
それは、実際に本を読むのは、子供であっても商品を購入するのは大人なので、その大人をターゲットとした商品価格になっているのである。例外はあるが、商品の価格はそのターゲットが誰かという判断基準で価格が決められているケースが多い。そのため、医学書、法律書の価格が高い理由として、ターゲットは医者、法律家であるためである。
このように商品の価格は、その商品自体が持つブランド力、誰に向けて販売するかのターゲットにより、変化するのである。

音声

Follow me!

コメントを残す