Computer Scientist, Chieko Asakawa

Computer Scientist, Chieko Asakawa

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Computer Scientist, Chieko Asakawa

Career History

・Ph.D from The University of Tokyo
・Fellowship with IBM
・Professor at Carnegie Mellon University

Chieko Asakawa is a Japanese computer scientist who uses computer technology to help the visually impaired. She, herself, lost her eyesight and became blind when she was in junior high school. Naturally, she fell into despair and lost the will to live. However, she considered whether there was something she could do, precisely because she was blind, and wondered if she could use the power of computers to help the visually impaired. It is said that there are more than 200 million people in the world who are severely visually impaired and Chieko Asakawa has been helping them.

Chieko Asakawa has been involved in many projects. One of the most famous projects enables the visually impaired to access content on the Internet. In 1997, she developed the world’s first “Home Page Reader”, which is a voice-activated web browser. It enables blind people to access the Internet by reading out the words on the screen.
In 2013, Chieko Asakawa received a medal of honor from the Emperor of Japan for revolutionizing the world with IT. She continues to make a difference in the world today by using IT to solve problems for people with visual impairments.

解説
  • visually impaired・・視覚障害
  • fall into~・・~に陥る
  • despair・・絶望
  • consider・・よく考える、熟考する
  • whether・・~するかどうか
  • wonder・・~だろうかと思う
  • It is said that・・~と言われている
  • severely・・重度の、激しく
  • enables・・可能にする
  • voice-activated web browser・・音声Webブラウザー
  • the world’s first・・世界初の
  •  medal of honor・・褒章
  • revolutionize・・変革を起こす
  • make a difference・・変化を生む

 

コンピューターサイエンティスト 浅川智恵子

経歴
東京大学工学系研究科先端学際工学専攻 博士課程修了
米IBM フェロー
カーネギーメロン大学教授

浅川智恵子は日本のコンピューターサイエンティストで、視覚障害者支援をコンピューターの技術を使い行っている。彼女自身も中学生の時に、視力を失い目が見えなくなった。当然、彼女自身当時は自暴自棄になり、生きる希望をなくしていた。しかし、目が見えないからこそできる事があると考え、コンピューターの力を使い、視覚障害者の手助けをできないかと考えた。世界には、重度の視覚障害を持つ者が2億人以上いると言われており、浅川智恵子はその視覚障害者の支援を行ってきたのである。

浅川智恵子が携わってきたプロジェクトとは沢山ある。最も有名な一つは、視覚障害者がインターネットの画面に記載されている内容を読み取る事を可能にするプロジェクトである。
このプロジェクトで1997年に世界初の「ホームページリーダー」と呼ばれる物を開発した。これは、音声WEBブラウザーで、コンピューターが画面にうつっている文字を読み上げてくれるため、目が見えない人でもネットの世界にアクセスできるようになったのである。
浅川智恵子がITで世界に革命を起こした事で、2013年に日本国天皇から褒章を受けた。彼女は現在も視覚障害の人のために、ITを活用し、課題を解決することにより、世の中に変革をもたらし続けているのである。

音声

Follow me!

コメントを残す