The Aroma of Starbucks Coffee

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

The Aroma of Starbucks Coffee

Have you ever noticed the smell of coffee in a Starbucks store?
When customers enter Starbucks, they should sense the pleasant aroma of coffee.

Starbucks tries to create an atmosphere where people can spend their time comfortably in the store, rather than just buying coffee.
Generally Starbucks stores do not allow you to smoke inside because the smell of cigarettes covers up the wonderful smell of the coffee.

Some people might think having designated smoking areas would be the solution, but smoke drifts into other rooms as people enter and leave the smoking room. Therefore, it is better to keep all locations smoke-free.
The strategy above has been very attractive to non-smokers and has led to its success in Japan.

解説

・sense・・~と感じる
・pleasant・・心地よい
・aroma of coffee・・コーヒーの香り
・atmosphere・・雰囲気
・rather than・・~ででなく、~よりも
・covers up・・覆う
・designated smoking areas・・指定された喫煙場所
・would be・・(ひょっとすると)~かもしれない
・drifts into・・流れ込む
・smoke-free・・喫煙、煙の無い
・led to A・・~につながる ※leadの過去形

スターバックスのコーヒーの香り

スタバの店内でコーヒーの香りに気づいたことはありますか?
お客さんがスタバに入ると、コーヒーの心地よい香りを感じるはずです。

スターバックスは、ただコーヒーを買うのではなく、店内で快適に過ごせるような雰囲気作りを心がけています。
一般的にスターバックスの店舗では、タバコの臭いがコーヒーの素晴らしい香りを覆うため、店内でタバコを吸うことはできません。

喫煙場所があれば解決するのではないかと考える人もいるかもしれませんが、喫煙室に人が出入りすることで煙が他の部屋に流れ込んでしまいます。そのため、すべての場所を禁煙にする事が望ましい。
上記のような戦略は非喫煙者にとって非常に魅力的で、日本でも成功しています。

英語音声

 

Follow me!

コメントを残す