Jack Andraka – The Teen Prodigy of Pancreatic Cancer Research

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Jack Andraka – The Teen Prodigy of Pancreatic Cancer Research

Jack Andraka was born in the United States in 1997. At the age of 15, he developed a test to detect early-stage pancreatic cancer. Andraka hoped that his invention could provide an affordable alternative to the standard diagnostic test which costs approximately $800. This high price makes testing unaffordable for many people in the US, and even when people do get tested, over 30% of the tests generate false results.

However, Andraka postulated that a protein called mesothelin is unique to the bodies of pancreatic cancer patients. He invented a testing method for mesothelin that involves only a small piece of filter paper and which costs three cents, takes five minutes, and is purportedly 400 times more accurate than conventional testing methods. However, his findings were deemed inadequate because there were still many factors that needed to be examined more precisely.

Wanting to further develop his research, Jack emailed his findings to 200 pancreatic cancer specialists in the U.S., but most of them did not respond. One day, however, he received a reply from a specialist working at John Hopkins University, stating that he would like to support his research. After collaborating with this specialist, it turned out that there were problems with the test method that Jack had devised that affected its validity.

Although there is still much progress to be made in the way of accurately testing for pancreatic cancer, Andraka became known to medical professionals throughout the US for his innovation and determination. He has also received interest from drug companies, has received awards, and given multiple TED Talks. Although the testing method he invented has not been authorised for general use, it is hoped that his medical research will prove valuable to oncology in the long-run.

解説

・pancreatic cancer・・すい臓がん
・affordable・・入手可能な
・alternative・・代わりとなるもの
・postulate・・仮定する
・mesothelin・・メソテリン
・purportedly・・伝えられるところでは
・deem・・考える、見なす、判断する
・inadequate・・不十分な
・determination・・決定

ジャック・アンドレイカ – 膵臓がん研究の天才少年

ジャック・アンドレイカは、1997年に米国で生まれました。15歳の時に、早期の膵臓がんを発見するための検査法を開発しました。アンドラカは、自分の発明が、約800ドルもする標準的な診断検査に代わる安価な手段になることを期待していました。また、検査を受けたとしても、30%以上の人が誤った結果を出しているといいます。

しかし、アンドレイカは、メソセリンというタンパク質が、膵臓がん患者の体に特有のものであると考えました。そして、3セントの濾紙を使って、5分で、従来の検査法の400倍の精度でメソセリンの検査ができる方法を考案した。しかし、その結果は、より正確に調べるべき要素が多く、不十分なものであった。

さらに研究を発展させたいと考えたジャックは、米国内の200人の膵臓がん専門医にメールを送ったが、ほとんどの専門医からは返事がなかった。しかし、ある日、ジョン・ホプキンス大学の専門医から「研究を支援したい」との返事が届いたのです。その専門家と共同研究を行った結果、ジャックが考案したテスト方法には、その有効性を左右する問題があることが判明した。

膵臓がんの正確な検査にはまだ多くの課題がありますが、アンドレイカはその革新性と決断力で全米の医療関係者に知られるようになりました。また、製薬会社からも関心を寄せられ、賞も受賞し、TED Talksにも何度も登場しています。彼が発明した検査方法は、まだ一般的な使用が許可されていませんが、彼の医学研究が長期的には腫瘍学にとって貴重なものとなることが期待されています。

音声

Follow me!

コメントを残す