The Republic of Palau

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

The Republic of Palau

Located in the Pacific Ocean, Palau is a republic with a population of approximately 18,000. Tourism is the main industry of the country; many people from all over the world travel to Palau every year, attracted by its beautiful beach resorts.

Palau is known as a pro-Japan country and has a close friendship with Japan. This is because Japan supported the development of infrastructure and education in Palau after the First World War. In addition, Palau can be reached by plane from Japan in 4 hours and 30 minutes, and there is no time difference between Japan and Palau because they share the same longitude. For this reason, Japanese tourists travel to Palau every year, and the friendship between the two countries has become very strong. Here are some of the places you should visit when you travel to Palau.

Rock Islands

The Rock Islands are an area south west of Koror Island, the centre of Palau. There are more than 400 uninhabited islands of varying sizes, all of which are characterized by crystal clear waters. The islands are home to a wide variety of flora and fauna, as well as many archaeological sites, and were inscribed on the World Heritage List in 2012, attracting visitors from all over the world.

Malakal Island

Malakal Island is home to a large number of jellyfish, with which you can swim without fear of being stung. The island is also home to a large population of dolphins, which you can also swim alongside. There are a number of companies that can teach you how to dive, and educational programs that can help you to understand more about dolphins.

As you can see, Palau is a great place for anyone who wants to get in touch with nature and is one of the destinations I would recommend.

解説

・approximately・・おおよそ

・ pro-Japan・・親日

・uninhabited・・人の住まない

・flora・・植物相

・fauna・・動物相

・archaeological・・考古学

・inscribed・・内接

パラオ共和国

太平洋上に位置するパラオは、人口約18,000人の共和制国家です。観光が主な産業であり、美しいビーチリゾートに魅せられて、毎年世界中から多くの人々がパラオを訪れている。
パラオは親日国として知られており、日本との友好関係が深い。これは、第一次世界大戦後、日本がパラオのインフラ整備や教育を支援したためです。また、パラオは日本から飛行機で4時間30分で行くことができ、日本とパラオは経度が同じなので時差がありません。そのため、毎年日本人観光客がパラオを訪れ、両国の友好関係は非常に強固なものとなっています。ここでは、パラオを旅行する際に訪れたい場所をご紹介します。

ロックアイランド
ロックアイランドは、パラオの中心地であるコロール島の南西に位置する地域です。大小合わせて400以上の無人島があり、どの島も透明度の高い海が特徴です。島々には多種多様な動植物や多くの遺跡が存在し、2012年には世界遺産に登録され、世界中から観光客が訪れています。

マラカル島
マラカル島には、数多くのクラゲが生息しており、刺される心配なく泳ぐことができます。また、島にはたくさんのイルカが生息しており、一緒に泳ぐこともできます。ダイビングを教えてくれる会社もありますし、イルカのことをもっと知るための教育プログラムもあります。

このように、パラオは自然と触れ合いたい人にとって素晴らしい場所であり、私がお勧めする旅行先のひとつです。

音声

Follow me!

コメントを残す