Haruko Niitsu – Japan’s Top Cleaner

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Haruko Niitsu – Japan’s Top Cleaner 

Haruko Niitsu was born in China to a Japanese father and a Chinese mother. When Haruko turned 17, the family moved to Japan. Her parents didn’t have much money, and so Haruko needed to work to support herself and them. However, she struggled to find a job because she could not speak Japanese well enough. The only job she could get was as a low-paid cleaner.

In Japan, cleaning is work of low social standing; it is regarded as simple menial labour that many people associate with dirt or indignity. However, Haruko Niitsu took pride in her job. She wanted to bring comfort to people by making the spaces she was responsible for as clean as possible. Haruko put everything into her work, cleaning thoroughly even in seemingly unnoticed areas, in the aim of creating an environment which people would be happy to spend time in. Over the years, she built up an impressive knowledge of all the different types of detergents and cleaning chemicals. Haruko truly excelled in her work and she became the youngest person to win the National Cleaning Skills Competition in 1997.

Today, Haruko is the leader of a team of 700 cleaners at Haneda Airport, which is rated as one of the cleanest airports in the world. Through her own hard work and devotion, she has become a national treasure of Japan as a cleaning craftswoman. She has also brought attention to the meticulous work carried out by Japan’s cleaners, thanks to whom, the country is known as one of the cleanest in the world.

日本のトップクリーナー 新津春子

新津春子は、日本人の父と中国人の母の間に中国で生まれた。晴子が17歳になったとき、一家は日本に引っ越しました。両親はあまりお金を持っていなかったので、春子は自分と両親を養うために働かなければなりませんでした。しかし、日本語が話せないため、仕事を探すのに苦労しました。唯一の仕事は、低賃金の清掃員でした。

日本では掃除は社会的地位の低い仕事であり、汚れや不潔を連想させる単純な下働きとされている。しかし、新津春子は自分の仕事に誇りを持っていた。自分が担当する空間を少しでもきれいにすることで、人々に安らぎを与えたい。人が過ごしたくなるような環境を目指して、一見目立たないところまで徹底的に掃除をし、仕事に全力を注いだ。洗剤や洗浄剤の種類を知り尽くした春子さんは、長年の間に、その知識を蓄積してきました。1997年には、全国清掃技能競技大会で最年少優勝を果たしました。

現在は、世界で最も清潔な空港の一つとして評価されている羽田空港で、700人の清掃員を率いているチームのリーダーを務めています。自らの努力と精進により、清掃職人として日本の国宝になった。また、日本の清掃員のきめ細やかな仕事ぶりにも注目が集まり、日本が世界で最も清潔な国の一つとして知られるようになったのは、彼女のおかげである。

解説

・low-paid cleaner・・低賃金の清掃員

・low social standing・・身分が低い

・menial・・単調な

・dirt・・汚い

・indignity・・軽蔑

・seemingly・・一見

・craftswoman・・女性の職人

・meticulous・・細心の注意

音声

Follow me!

コメントを残す