Towards a touchless society

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Towards a touchless society

The global spread of the coronavirus has accelerated modern society’s move to a touchless world, and IT companies are working hard to bring touchless products, i.e. devices that operate through sensing motion or presence, to the market. Even before the pandemic, the demand for touchless products was already very high. For example, many people in Japan use the PayPay service to make contactless payments, and most people use contactless cards to go through the gates at train stations. Companies are developing new contactless products at a rapid pace; here are some examples of such products:

Credit cards

VISA has developed a touchless credit card service, which allows cardholders to pay at convenience stores, supermarkets, and restaurants without having to enter a PIN. Also, it is not necessary for customers to carry their cards with them at all times. As long as they have registered the card information on their smartphone, they can use it to make touchless payments. 

Aerial input device

Hitachi-Omron Terminal Solutions, Ltd. is now offering an aerial input device. This allows users to touch a button projected in the air, eliminating the need to touch a physical surface Users can touch the button even if their hands are wet or if they are wearing gloves.

Lifts

Fujitec Ltd. has succeeded in making the buttons in their lifts touchless. The system uses an infrared beam sensor that reacts to the user’s hand and allows them to press the button for the desired floor. Even if the user presses the wrong button, it is possible to cancel the destination floor without touching anything.

In these ways, the touchless industry is rapidly evolving, and the services mentioned above are already being put to practical use in our daily lives.

解説

・accelerate・・加速する

・contactless payments・・非接触の支払い

・at a rapid pace・・急速に

・Aerial input device・・空中入力装置

・lift・・エレベーター

・infrared beam sensor・・赤外線センサー

タッチレス社会に向けて

コロナウイルスの世界的な流行により、現代社会のタッチレス化が加速しており、IT企業は、動きや存在を感知して動作するデバイスであるタッチレス製品の市場投入に力を入れています。パンデミックの前から、タッチレス製品の需要は非常に高かった。例えば、日本ではPayPayというサービスを利用して非接触で決済する人が多く、駅の改札を通過する際にも非接触カードを利用する人が多い。各社が急速に新しい非接触型製品の開発を進めているが、ここではその一例を紹介しよう。

クレジットカード

VISAは、コンビニやスーパー、飲食店などでカード会員が暗証番号を入力することなく支払いができる「タッチレス」のクレジットカードサービスを開発した。また、顧客はカードを常に持ち歩く必要がない。スマートフォンにカード情報を登録しておけば、タッチレス決済にも利用できるという。

空中入力装置

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社は、空中入力装置を提供します。手が濡れていても、手袋をしていても、空中に投影されたボタンに触れることができ、物理的な表面に触れる必要がありません。

エレベーター

フジテックは、エレベーターのボタンをタッチレス化することに成功した。同システムは、赤外線ビームセンサーが利用者の手に反応して、目的の階のボタンを押すことができる。ユーザーが間違ってボタンを押してしまっても、何も触らずに目的の階をキャンセルすることができる。

このように、タッチレス業界は急速に進化しており、上記のようなサービスはすでに私たちの生活の中で実用化されつつあります。

音声

Follow me!

コメントを残す