Blue Bottle Coffee

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Blue Bottle Coffee

Blue Bottle Coffee was founded by James Freeman in 2002 on the West Coast of the United States. The coffee served at Blue Bottle Coffee is made from organic beans and is served fresh to the customer. Each cup of coffee is made to order, which is why it is more expensive than regular coffee. Although the company originated in the USA, there are now more than 20 stores in Japan.

Blue Bottle Coffee’s Business Strategy

While Starbucks and other coffee shops provide quality coffee and a comfortable space for customers to enjoy it, Blue Bottle Coffee spends more money on making sure the coffee they serve is fresh and tasty instead of providing such a space. As a result, many Blue Bottle Coffee shops do not offer as much space as Starbucks. The price paid by the customer is focused on making each cup of coffee the best it can be.

Also, unlike Starbucks, Blue Bottle Coffee does not have an extensive menu. The company targets customers who want to enjoy the pure taste of coffee, and does not offer a variety of toppings, like Starbucks. The coffee served is only made from beans that have been roasted for less than 48 hours, allowing customers to enjoy the true taste of the coffee.

In this way, Blue Bottle Coffee is focused on providing only the highest quality coffee to its customers. And with investment from Google, the company is expected to expand further in the future.

解説

・West Coast of the United States・・アメリカの西海岸

・organic bean・・有機栽培の豆

・extensive menu・・様々な種類のメニュー

ブルーボトルコーヒー

ブルーボトルコーヒーは、2002年にジェームス・フリーマンによってアメリカ西海岸で創業されました。ブルーボトルコーヒーで提供されるコーヒーは、有機栽培の豆から作られており、新鮮な状態で提供されています。コーヒーの各カップは、それがレギュラー コーヒーよりも高価である理由は、注文するために作られています。アメリカ発祥の会社ですが、現在では日本にも20店舗以上の店舗があります。

ブルーボトルコーヒーの事業戦略

スターバックスや他のコーヒー ショップは、品質の良いコーヒーとそれを楽しむために顧客のための快適な空間を提供していますが、ブルー ボトル コーヒーは、彼らが提供するコーヒーが新鮮でおいしいであることを確認する代わりに、そのようなスペースを提供するより多くのお金を費やしています。その結果、多くのブルーボトルコーヒーのお店は、スターバックスのように多くのスペースを提供していません。顧客によって支払われる価格は、各カップのコーヒーを最高にすることに焦点を当てています。

また、スターバックスとは異なり、ブルー ボトル コーヒー様々な種類のメニューがありません。同社は、コーヒーの純粋な味を楽しみたいお客様を対象とし、さまざまなスターバックスのようなトッピングを提供していません。提供されるコーヒーは、顧客がコーヒーの本当の味を楽しむことができます 48 時間未満の焙煎されている豆からのみ作られています。

このように、ブルーボトルコーヒーは、最高品質のコーヒーのみを顧客に提供することに注力している。そして、グーグルからの出資もあり、今後のさらなる拡大が期待されています。

音声

Follow me!

コメントを残す