St Dwynwen’s Day – A Welsh Celebration of Love and Romance

L.D
オックスフォード大学で東洋学を学び卒業。
ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で社会人類学のMAを取得。現在はイギリスで教育関連の仕事に従事している。

St Dwynwen’s Day – A Welsh Celebration of Love and Romance

Valentine’s Day is around the corner, and many Japanese women will no doubt be preparing their chocolate gifts – perhaps to be sent via the post this year, rather than in person! As you might know, White Day is not celebrated in most western countries, and so Valentine’s Day is a more egalitarian affair, in that men and women tend to exchange gifts equally.

In Wales, however, there is another date in the calendar traditionally devoted to love and romance. On 25th January, Welsh people celebrate the Patron Saint of Lovers, Saint Dwynwen. Saint Dwynwen was a fourth-century Welsh princess. She had quite a tragic love life and eventually became a nun, who prayed for others to have better romantic success than she did.

On Saint Dwynwen’s Day, couples exchange cards and gifts, like they do on Valentine’s Day. One traditional romantic gift is a Welsh love spoon. From the 17th Century, Welsh men would carve wooden spoons in an intricate design, and gift them to the object of their affection. Common designs include wheels (symbolising support), horseshoes (good luck), and keys (i.e. the keys to his heart).

One popular St Dwynwen’s Day activity is to take a romantic trip to Llandwyn Island, which is a pretty peninsula on which St Dwynwen founded her convent. The island is also home to Dwynwen’s well, which is said to contain magical fish who can predict whether your relationship is going to be successful or not. If the fish are lively and swimming around, it is a sign of a devoted husband.

解説

・around the corner・・間近に
・no doubt・・疑いなく
・egalitarian・・平等主義
・devote・・捧げる
・tragic・・悲劇的な
・peninsula・・半島

聖ドウィンウェンの日 – ウェールズの愛とロマンスの祭典

バレンタインデーが近づいてきましたが、多くの日本女性がチョコレートのプレゼントを準備していることでしょう。ご存知かもしれませんが、欧米のほとんどの国ではホワイトデーは祝われていないため、バレンタインデーは男女が平等にプレゼントを交換する傾向があります。

しかし、ウェールズでは、伝統的に愛とロマンスに捧げられているもう一つの日があります。ウェールズの人々は、1月25日に恋人たちの守護聖人である聖ドウィンウェンを祝います。聖ドウィンウェンは、4世紀のウェールズの王女でした。彼女は悲惨な恋愛生活を送っていましたが、最終的には修道女となり、自分よりも良い恋愛ができるようにと祈っていました。

聖ドウィンウェンの日には、バレンタインデーと同じように、カップルはカードやプレゼントを交換します。伝統的なロマンチックな贈り物の一つに、ウェールズの愛のスプーンがあります。17世紀頃から、ウェールズの男性は複雑なデザインの木製スプーンを彫って、愛情の対象に贈っていました。一般的なデザインとしては、車輪(サポートの象徴)、蹄鉄(幸運の象徴)、鍵(彼の心の鍵)などがあります。

セント・ドウィンウェンの日の人気のアクティビティは、セント・ドウィンウェンが修道院を設立した美しい半島であるランドウィン島へのロマンチックな旅行です。島にはドウィンウェンの井戸があり、この井戸には、あなたの恋愛がうまくいくかどうかを占ってくれる魔法の魚がいると言われています。魚が生き生きと泳ぎ回っていたら、献身的な夫の証です。

音声

Follow me!

コメントを残す