Chieko Asakawa’s “AI Suitcase”

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Chieko Asakawa’s “AI Suitcase”

Chieko Asakawa, a blind computer scientist, has achieved many great things in the world of accessibility research and innovation. Her voice browser software, which reads out website content, is used all over the world and has made it possible for many blind people to access information on the internet. Now, she is leading a team to develop a suitcase-shaped AI robot that can act as eyes and ears for the visually impaired.

The AI suitcase is able to recognise what’s going on around it and communicates this information to its owner by voice. The user just needs to tell the AI suitcase where they want to go, and then the suitcase will navigate the user to that destination.

The AI Suitcase will be equipped with two features in response to the coronavirus pandemic. The first is a social distance feature. If someone approaches the user within a radius of 1.5 to 2 metres on the road, the AI will guide the visually impaired person away from them. Secondly, the system can inform the user if other pedestrians around them are wearing masks. This feature allows the visually impaired person to decide which way to walk so as to avoid approaching people who are not wearing masks.

Chieko Asakawa is working on the development of this “AI suitcase” in the hope of giving visually impaired people around the world more freedom when in crowded areas or changing environments.

解説

・blind computer scientist・・盲目のコンピュターサイエンティスト
・accessibility・・アクセシビリティ
・voice browser software・・ボイスブラウザソフトウェア
・suitcase-shaped AI robot・・スーツケース型のAIロボット
・visually impaired・・視覚障害者
・destination・・目的地
・in response to・・〜に対応して
・the coronavirus pandemic・・コロナウイルスパンデミック
・radius・・半径
・pedestrian・・歩行者

浅川千恵子  “AIスーツケース”

盲目のコンピュータ科学者である浅川千恵子さんは、アクセシビリティの研究とイノベーションの世界で多くの偉業を成し遂げてきました。ウェブサイトのコンテンツを読み上げる音声ブラウザソフトは世界中で使われており、多くの視覚障害者がインターネット上の情報にアクセスすることを可能にしてきました。現在、彼女はチームを率いて、視覚障害者の目と耳の役割を果たすことができるスーツケース型のAIロボットを開発している。
このAIスーツケースは、周囲の状況を認識し、その情報を持ち主に音声で伝えることができる。ユーザーはAIスーツケースに行きたい場所を伝えるだけで、スーツケースがユーザーをその目的地まで案内してくれる。

AIスーツケースには、コロナウイルスのパンデミックに対応した2つの機能が搭載される予定だ。1つ目は社会的距離機能。道路上で半径1.5~2メートル以内に誰かがユーザーに近づくと、AIが視覚障害者を遠ざけるように誘導する。2つ目は、周囲の他の歩行者がマスクを着用しているかどうかをユーザーに知らせる機能です。この機能により、視覚障害者はマスクをしていない人に近づかないように、どちらの道を歩けばいいのかを判断できるようになる。

浅川千恵子さんは、世界中の視覚障害者が混雑した場所や環境が変わったときに、より自由に行動できるようになることを願って、この「AIスーツケース」の開発に取り組んでいます。

音声

Follow me!

コメントを残す