IKEA’s Key Marketing Strategies

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

IKEA’s Key Marketing Strategies

Founded in 1943, IKEA is the world’s largest and most internationally-known furniture retailer. It now has shops in more than 49 countries around the world, including nine locations in Japan. Originally set up by a 17-year-old entrepreneur from the Swedish countryside, IKEA has expanded its market and number of stores at a rapid pace. Here, we are looking at some key features of Ikea’s marketing strategy.

  1. IKEA Showrooms
    Usually in traditional furniture shops, products from the same category of furniture (e.g. chairs, tables, beds) are displayed in the same section of the store. In IKEA, however, the store is designed so that customers can see how several different furniture products might work together in a room. Customers are directed through the store via arrows on the floor, and are taken through a series of example bedrooms, bathrooms, and living rooms which are decorated with labelled IKEA items.
    This makes it easier for the customer to imagine how the furniture could fit in with the design of their own home, and they are also more likely to buy multiple items from the same showroom collection, rather than just one.
  2. Appeal to Families
    IKEA’s target market is families with small children. The showrooms described above are fun and interesting for children to explore. There is also a crèche called Småland, where children between the ages of four and ten can stay free of charge. In this way, parents can concentrate on their shopping while their children are supervised.
  3. Restaurants
    Another key part of IKEA’s brand is its in-store restaurants, which serve Swedish food at an affordable price. The restaurants, along with IKEA’s Bistros and Swedish Food Markets, attract customers who might not be interested in buying homeware products initially, but end up staying in the store longer once they are fed – and are therefore more likely to buy furniture.

In these ways, IKEA has set itself apart from traditional furniture shops by offering a unique shopping and dining experience which the whole family can enjoy.

解説

・most internationally-known・・最も国際的に知られている
・furniture retailer・・家具小売業者
・at a rapid pace・・急速に
・multiple items・・複数の商品
・explore・・探索する
・creche・・託児所
・supervise・・監督する

イケアの成功の鍵となるマーケティング戦略

1943年に設立されたイケアは、世界最大規模で世界的にも有名な家具小売店です。現在では、日本に9店舗を含む世界49カ国以上に店舗を構えています。スウェーデンの田舎で17歳の起業家が立ち上げたイケアは、急速に市場と店舗数を拡大してきました。ここでは、イケアのマーケティング戦略のポイントを見ていきましょう。

  1. イケアのショールーム
    通常、従来の家具店では、椅子やテーブル、ベッドなど、同じカテゴリーの家具の商品が同じコーナーに陳列されています。しかし、イケアの場合は、お客さまがいくつかの家具を組み合わせて、部屋の中でどのように機能するのかがわかるように設計されています。お客さまは、床の矢印で店内を案内され、ベッドルーム、バスルーム、リビングルームの例を見ながら、イケアのアイテムのラベルが貼られた部屋に案内されます。
    これにより、お客さまはその家具が自分の家のデザインにどのようにフィットするかを想像しやすくなり、1つのアイテムだけではなく、同じショールームのコレクションから複数のアイテムを購入する可能性が高くなります。
  2. 家族へのアピール
    イケアのターゲット市場は、小さなお子さんのいるご家庭です。上記で紹介したショールームは、子どもたちが楽しく興味を持って探検できるようになっています。また、スモーランドと呼ばれる託児所もあり、ここでは4歳から10歳までの子どもを無料で預かってもらうことができます。このように、親御さんは子供を監視しながら買い物に集中することができます。
  3. レストラン
    イケアのブランドのもうひとつの鍵となっているのが、スウェーデン料理を手頃な価格で提供する店内レストランです。このレストランは、イケアのビストロやスウェーデンフードマーケットとともに、最初はホームウェア製品を買う気がなくても、食事をした後は店内に長く滞在し、家具を購入してくれるお客さまを惹きつけています。

このように、イケアは、家族全員が楽しめるユニークなショッピングと食事の体験を提供することで、従来の家具店とは一線を画しています。

音声

Follow me!

コメントを残す