Recompose: The World’s First Human Composting Funeral Home

L.D
オックスフォード大学で東洋学を学び卒業。
ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で社会人類学のMAを取得。現在はイギリスで教育関連の仕事に従事している。

Recompose: The World’s First Human Composting Funeral Home

Last month, a funeral home that converts human remains into fertile soil opened for business in Washington State, US. Recompose is the name of a funeral care company that specialises in natural organic reduction (NOR), or human composting. In most US states, the only options for human remains are burial, cremation, or donation. Currently, Washington is the only US state in which human composting is legal, but Recompose is working to get NOR legalized in other areas of the country.

The process of decomposition takes 30 days. Bodies are placed in steel cylindrical vessels full of wood chips and straw, which are slowly rotated at intervals. Throughout the process, the temperature and moisture content are carefully monitored, and oxygen is blown into the vessels via a set of tubes. Gradually, everything inside the vessel decomposes into soft soil, even bones and teeth. Once the soil has been tested for pathogens (e.g. salmonella) and heavy metals, the family of the deceased can either choose to retrieve the soil themselves, or donate it to a local ecological restoration project. The complete service costs $5,500 (this includes a body pick-up and all the necessary paperwork) which is in line with most mid-range burial/cremation services in the US.

Human composting is an environmentally-friendly way to deal with human remains. Cremation releases carbon dioxide into the atmosphere, whilst conventional burial takes up land and pollutes the soil with embalming chemicals. On the other hand, for every deceased person who goes through the Recompose process, one metric tonne of carbon dioxide is prevented from being released into the atmosphere. What’s more, healthy soil is vital for a healthy forest ecosystem; each body can create one cubic-yard of nutrient-rich soil which can then be donated to Bells Mountain, a non-profit land reserve near the facility.

Now that the world is faced with not only a climate emergency but also a global pandemic, the need for sustainable innovations in funeral care is particularly pronounced. Recompose offers an ecologically-sound and efficient way in which the bodies of the deceased can re-enter the natural cycle of life and death.

解説

・funeral home・・葬儀場
・ human remains・・人間の遺体、人骨
・fertile soil・・肥沃土
・burial・・埋葬
・cremation・・火葬
・decomposition・・分解
・cylindrical vessels・・円筒形容器
・straw・・藁
・pathogens・・病原体
・mid-range・・〔シリーズ・範囲・品質・価格などの〕中間(部)の
・embalming・・死体防腐処理
・facility・・施設

リコンポーズ:世界初の人造コンポスト葬儀場

先月、人骨を肥沃な土に変える葬儀社が米国ワシントン州で開業した。Recomposeは、自然有機還元(NOR)、つまり人間の堆肥化に特化した葬儀社の名前だ。アメリカのほとんどの州では、人骨の選択肢は埋葬か火葬か寄付しかありません。現在、人間の堆肥化が合法的に行われているのはワシントン州だけですが、Recomposeは他の地域でもNORが合法化されるように取り組んでいます。

分解のプロセスには30日を要する。死体は、木片と藁でいっぱいの鋼鉄製の円筒形の容器に入れられ、間隔を置いてゆっくりと回転させられる。その間、温度や水分量を注意深く監視し、チューブを使って酸素を吹き込む。徐々に容器の中のものが分解され、骨や歯までもが柔らかい土へと変化していきます。病原菌(サルモネラ菌など)や重金属の検査が済んだら、遺族は自分たちで土を回収するか、地元の生態系修復プロジェクトに寄付するかを選ぶことができます。このサービスの費用は5,500ドル(これには遺体の引き取りと必要な書類作成が含まれている)で、これはアメリカの中規模の埋葬・火葬サービスのほとんどと同じ水準である。

人体堆肥化は、人の遺骨を処理するための環境に優しい方法です。火葬では二酸化炭素が大気中に放出されますが、従来の埋葬では土地が取られ、防腐剤で土壌が汚染されます。一方、リコンポースでは、亡くなった方1人につき1トンの二酸化炭素が大気中に放出されるのを防ぐことができます。さらに、健全な森林生態系には健康な土壌が不可欠であり、1人の遺体が1立方ヤードの栄養豊富な土壌を作ることができ、施設の近くにある非営利の土地保護団体であるベルズマウンテンに寄付することができます。

世界が気候の緊急事態だけでなく、世界的な大流行に直面している今、葬儀における持続可能なイノベーションの必要性が特に顕著になっています。リコンポーズは、故人の遺体が生と死の自然なサイクルに再び入ることができるようにするための、生態学的に健全で効率的な方法を提供します。

音声

Follow me!

コメントを残す