The Rise of Bitcoin

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

The Rise of Bitcoin

Bitcoin was the world’s first ‘virtual currency’ – i.e. an unregulated digital currency held in a blockchain network with no centralised banking authority.  

In 2008, a paper outlining the ideas underlying the Bitcoin system was published by Satoshi Nakamoto (a pseudonym). One year later, the Bitcoin (BTC) system was developed, apparently under Nakamoto’s direction. In 2011, the one bitcoin was worth one dollar, but by January 2021, the price had exceeded $40,000. That is to say, the price has increased 40,000-fold in 10 years.

Reasons for the rise of Bitcoin

1. Recognition

Major companies have purchased large amounts of bitcoin and have approved the use of bitcoin in the purchase and sale of goods, which has created a lot of buzz and increased awareness of the currency. As a result, more and more people are buying bitcoin, and so the demand is increasing, causing the price to soar.

2. Increase in the number of trading venues

The increase in the number of exchanges trading virtual currencies has encouraged the circulation of bitcoin in the market and made it easier for people to buy bitcoin. This has led to an increase in the volume of bitcoin transactions, more people buying, and increased demand.

3. Limited supply

The number of bitcoins issued is capped at 21 million, which intensifies the competition among potential buyers. 

4. Impact of the currency crisis

The global economy is currently unstable due to the coronavirus, and more and more people are afraid that the value of legal tender such as the dollar and the yen will decrease. As a result, many people are buying virtual currencies such as Bitcoin, which are soaring in value.

Whether or not bitcoin will replace legal tender in our daily lives remains to be seen, but with more and more people turning to virtual currencies, it has definitely triggered an increasingly popular trend in the global economy. 

解説

・pseudonym・・仮名、ペンネーム
・apparently・・どうやら
・buzz・・バズ、バズる
・cap・・最大
・intensify・・激化させる

ビットコインの台頭

ビットコインは世界初の「仮想通貨」であり、中央集権的な銀行機関を持たないブロックチェーンネットワーク上で保有される規制のないデジタル通貨です。

2008年、ビットコインのシステムの基礎となる考え方を概説した論文が、サトシ・ナカモト(仮名)によって発表されました。その1年後、ビットコイン(BTC)システムは中本氏の指示の下で開発されました。2011年には1ビットコインの価値は1ドルだったが、2021年1月には4万ドルを超えていた。つまり、10年で4万倍の価格になったということです。

ビットコインが高騰した理由

  1. 認識
    大手企業が大量にビットコインを購入し、物品の売買にビットコインを使用することを認めたことで、話題性が生まれ、通貨の認知度が高まりました。その結果、ビットコインを購入する人が増えているため、需要が増えて価格が高騰しているのです。
  2. 取引所の増加
    仮想通貨を取引する取引所が増えたことで、市場でのビットコインの流通が促進され、ビットコインを購入しやすくなりました。その結果、ビットコインの取引量が増え、買う人が増え、需要が増えたのです。
  3. 供給が限られていること
    ビットコインの発行枚数は2100万枚に制限されており、潜在的な買い手の競争が激化しています。
  4. 通貨危機の影響
    現在、コロナウイルスの影響で世界経済が不安定な状況にあり、ドルや円などの法定通貨の価値が下がることを恐れる人が増えています。そのため、ビットコインなどの仮想通貨を購入する人が多く、価値が高騰しています。

ビットコインが私たちの生活の中で法定通貨に取って代わるかどうかはまだわかりませんが、仮想通貨に目を向ける人が増えてきたことで、世界経済の中でますます人気が高まっていることは間違いありません。

音声

Follow me!

コメントを残す