Virtual currencies

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Virtual currencies

Virtual currencies are unregulated digital currencies which can only be exchanged in the form of electronic data and are used online by people and businesses to pay for goods and services. Currencies can be exchanged for the yen, the pound, the dollar, the euro and Chinese renminbi through specialised exchanges, with no central bank or other official issuer or administrator.
Since the launch of Bitcoin in 2009, there are now around 2,000 different types of virtual currencies.

Important points about virtual currencies:

  1. No state or centralised banking authority
    Unlike ordinary legal tender, there is no state or central bank to manage and guarantee the value of virtual currencies, which can present a problem. However, this can be solved by the blockchain mechanism, which allows the holder of the virtual currency to monitor transactions and thus guarantee the value.
  2. Issuance limit
    States and central banks use monetary policies to adjust the amount of money issued according to the country’s economic conditions, etc. However, most virtual currencies have a fixed maximum number of issues to ensure that the value of the currency is maintained. For example, the maximum number of bitcoins that can be issued is 21 million, while the maximum number of Ripple coins that can be issued is 100 billion.

Bitcoin is the most widely traded virtual currency, but other currencies are gradually becoming more widely traded. Until now, our goods have been bought and sold in legal tender, but in the near future, buying and selling in virtual currency may become the norm.

解説

・virtual currencies・・仮想通貨
・unregulated ・・規制されていない
・Chinese renminbi・・中国人民元
・exchanges・・交換所
・central bank・・中央銀行
・official issuer・・公式な発行者
・administrator・・管理者
・legal tender・・法定通貨
・Issuance limit・・発行限度
・monetary・・通貨の、貨幣の

仮想通貨

仮想通貨とは、電子データの形でのみ交換が可能な規制のないデジタル通貨のことで、オンライン上で人々や企業が商品やサービスの支払いに使用します。通貨は、中央銀行やその他の公式発行者や管理者がいない専門の取引所を通じて、円、ポンド、ドル、ユーロ、中国人民元と交換することができます。
2009年にビットコインが登場して以来、現在では約2,000種類の仮想通貨が存在しています。

仮想通貨についての重要なポイント

  1. 国家や中央銀行の権限がない
    通常の法定通貨とは異なり、仮想通貨の価値を管理・保証する国家や中央銀行が存在しないため、問題が生じることがあります。しかし、ブロックチェーンの仕組みを利用することで、仮想通貨の保有者が取引を監視し、価値を保証することが可能になります。
  2. 発行限度額
    国や中央銀行は金融政策を用いて、その国の経済状況などに応じて貨幣の発行量を調整しています。しかし、ほとんどの仮想通貨は、通貨の価値を維持するために発行上限数が決まっています。例えば、ビットコインの最大発行枚数は2100万枚、リップルコインの最大発行枚数は1000億枚となっています。

仮想通貨の中で最も多く取引されているのはビットコインですが、他の通貨も徐々に取引されるようになってきています。これまでは法定通貨で商品を売買していましたが、近い将来、仮想通貨での売買が当たり前になるかもしれません。

音声

Follow me!

コメントを残す