Larry Page, Founder of Google

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Larry Page, Founder of Google

Larry Page was born on 26th March 1973 to Carl and Gloria Page. Both parents taught computer science at the University of Michigan, where Larry himself studied computer engineering. After graduating in 1995, he went on to study for a PhD in Computer Science at Stanford University, where he met Sergey Brin, his future Google co-founder.

Page and Brin aspired to build an internet search engine, and they immersed themselves in the world of computer science together at Stanford. In 1998, the pair took a leave of absence from the university and co-founded Google in a garage in Menlo Park, California.

After founding Google, Page launched a series of innovative services, including Gmail, Google Maps, and Google Earth, with the goal of organizing the world’s information and making it accessible and usable by people around the world.

Page initially served as Google’s CEO. However, since Page and Brin were very young to be in control of such a large company, they felt Google would benefit from a CEO with more business acumen and experience. And so, in 2001 Eric Schmidt Schmidt took over this role.

In 2004, Google’s initial public offering took place. The IPO raised about $1.67 billion, giving Google a market capitalisation of over $23 billion. At the time, there were concerns that the IPO would have a negative impact on Google’s culture, with shareholders saying that the company would cut employee benefits, but Larry Page made it clear that the IPO would not change Google’s culture.

In 2015, Page was appointed Chief Executive Officer of Alphabet, the new holding company created as part of Google’s reorganisation. As a result of this reorganisation, Google will continue to operate its internet business as a central subsidiary of Alphabet.

In 2019, Page and Brin announced that they would be leaving Alphabet. It was announced at the same time that Sundar Pichai would become the next CEO of Alphabet.

解説

・immerse・・没頭する
・co-found・・共同設立する
・acumen・・鋭い洞察力
・take over・・引き受ける
・appoint・・任命する
・holding company・・持株会社

Google創業者 ラリー・ペイジ

ラリー・ペイジは1973年3月26日、カール・ペイジとグロリア・ペイジの間に生まれました。両親ともにミシガン大学でコンピュータサイエンスを教えており、ラリー自身もコンピュータ工学を専攻していました。1995年に卒業した後、スタンフォード大学でコンピュータサイエンスの博士号を取得し、そこで後のGoogleの共同創業者であるセルゲイ・ブリンに出会いました。

インターネット検索エンジンの開発を志したペイジとブリンは、スタンフォード大学で一緒にコンピュータサイエンスの世界に没頭しました。1998年、二人は大学を休学し、カリフォルニア州メンローパークのガレージでGoogleを共同設立しました。

Google設立後、ペイジは、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスして使えるようにすることを目標に、Gmail、Google Maps、Google Earthなどの革新的なサービスを次々と立ち上げました。

ペイジは当初、GoogleのCEOを務めていた。しかし、ペイジとブリンはこのような大企業を率いるには非常に若かったので、彼らは、Googleにはより多くのビジネスセンスと経験を持つCEOが必要だと感じていました。そして、2001年にエリック・シュミット・シュミットがその役割を引き継ぎました。

2004年、Googleの新規株式公開が行われました。IPOでは約16億7000万ドルを調達し、グーグルの時価総額は230億ドルを超えた。当時、株主からは従業員の福利厚生が削減されるのではないかとの声が上がるなど、IPOがグーグルの文化に悪影響を与えるのではないかとの懸念があったが、ラリー・ペイジ氏はIPOによってグーグルの文化が変わることはないと明言していた。

2015年、ペイジはグーグルの組織再編の一環として作られた新しい持ち株会社「Alphabet」の最高経営責任者に就任した。この組織再編の結果、Googleは引き続きAlphabetの中核子会社としてインターネット事業を運営していくことになりました。

2019年には、ペイジとブリンがAlphabetを退社することが発表されました。同時に、サンダル・ピチャイ氏がAlphabetの次期CEOに就任することも発表された。

音声

Follow me!

コメントを残す