Veterinary scientist Kenichi Tamukai

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Veterinary scientist Kenichi Tamukai

Kenichi Tamukai was born in 1973 to a carpenter father and a hairdresser mother. From an early age, he was a great lover of animals. He was not only fond of dogs and cats, but also amphibians, reptiles, birds of prey, and other animals. He studied veterinary medicine at university and spent most of his spare time studying biology. He was particularly interested in iguana and wanted to study them at university, but there were no professors specialising in reptiles at his college. So, he studied independently by reading research papers and so on. 

After graduating from university, he became a veterinarian. Most vets specialise in dogs and cats, but Tamukai wanted to work with amphibians, reptiles and birds of prey as well as dogs and cats. He tried to gain experience in these fields, but there were no veterinary clinics with such opportunities available. Therefore, he opened his own clinic intended to provide treatments for all animal species. Initially, Tamukai’s veterinary clinic specialised in treating animals such as amphibians, reptiles and birds of prey, but few people owned such creatures and it didn’t catch on. He spent all his free time learning how to treat amphibians, reptiles and birds of prey, so that he would be prepared if and when a client came in with such a pet. Word spread that he could treat any animal, and customers came from all over Japan.

Kenichi Tamukai believes that animals have the same value as humans and that it is necessary to recognize their importance.

解説

・carpenter・・大工
・hairdresser・・美容師
・amphibian・・両生類
・reptile・・爬虫類
・birds of prey・・猛禽類
・veterinary medicine・・獣医学
・iguana・・イグアナ
・catch on・・人気になる

獣医学者 田向健一

田向健一さんは1973年に大工の父と美容師の母の間に生まれました。幼い頃から動物が大好きでした。犬や猫だけでなく、両生類や爬虫類、猛禽類なども好きだった。大学では獣医学を専攻し、余暇は生物学の勉強に明け暮れていた。特にイグアナに興味を持ち、大学ではイグアナを研究したいと考えていたが、所属していた大学には爬虫類を専門とする教授がいなかった。そのため、研究論文を読んだりして独学で勉強していた。

大学卒業後、獣医師になった。獣医師というと犬や猫を専門にする人が多いのですが、田向さんは犬や猫だけでなく、両生類や爬虫類、猛禽類なども扱ってみたいと思っていました。しかし、犬や猫だけでなく、両生類や爬虫類、猛禽類などの獣医師にもなりたいと考えていた田向は、これらの分野での経験を積もうとしました。そこで、すべての動物を診ることを目的としたクリニックを開業したのです。当初は両生類、爬虫類、猛禽類などの動物を専門に診療していたのですが、そのような動物を飼っている人が少なく、なかなか普及しませんでした。田向さんは自由時間に両生類や爬虫類、猛禽類の治療法を学び、万が一そのようなペットを飼っているお客さんが来たときのために準備をしていました。どんな動物にも対応できると評判になり、日本全国からお客さんが来るようになりました。

動物は人間と同じ価値観を持っていて、その大切さを認識することが必要だと田向健一さんは考えています。

音声

Follow me!

コメントを残す