Differences Between UK and US University Lingo

L.D
オックスフォード大学で東洋学を学び卒業。
ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で社会人類学のMAを取得。現在はイギリスで教育関連の仕事に従事している。

Differences Between UK and US University Lingo

If you’re planning on studying abroad at a UK or US university, it’s a good idea to get your head around the differences between the terminology used in daily life on campus. Here’s a list explaining some of the main ones: 

  1. In America, they talk about ‘going to college’ after graduating from high school. But the word ‘college’ doesn’t really have the same meaning in the UK. We use ‘university’, instead. For Brits, ‘college’ would either mean sixth form college (where people aged 16-18 years-old study for their A-Levels, diplomas, or apprenticeships), or educational institutions for specific subjects (e.g. the Royal College of Music, the Royal College of Art), or constituent colleges of universities like Oxford, Cambridge, London, and Durham. 
  1. The year groups are called different things across the pond. In America, they say ‘Freshman’ (1st Year), ‘Sophomore’ (2nd Year), ‘Junior’ (3rd Year), and ‘Senior’ (4th Year). In the UK, we say ‘First Year’ or ‘Fresher’, ‘Second Year’, ‘Third Year’, and ‘Fourth Year’. Every university in the UK has a ‘Freshers’ Week’, which is the first week of the academic year. This is when the student union puts on lots of events and activities to help the first year students get acquainted with each other and with the university – some universities even have a Freshers’ Fortnight for extra partying! ‘Freshers flu’ is the name for when first-year students get colds in the first term, after drinking too much and losing too much sleep.   
  1. In America, they say ‘grad school’ to mean where someone completes their postgraduate studies, e.g. ‘I’m applying to grad school’, ‘I remember my grad school days!’. In the UK, we don’t really have an equivalent word. We would just say postgraduate or graduate studies, e.g. ‘I am applying for postgraduate/graduate studies’, ‘I remember my post grad days!’.  
  1. In the US they talk about having a ‘major’, which means your primary area of study. They also usually have a secondary area of study called a ‘minor’. We don’t have this major/minor system in the UK. We would just say ‘my degree is in XYZ (geography, art, etc.)’ or ‘I am studying XYZ’.  
  1. Americans call academic terms ‘semesters’ or ‘quarters’, e.g. ‘fall quarter’, ‘winter quarter’, and ‘summer quarter’. In the UK, we usually just call them ‘terms’ (First Term, Second Term, Third Term). Some English universities, however, give their terms special names. E.g. ‘Michaelmas’, ‘Epiphany’, and ‘Easter’ at Durham University, and ‘Martinmas’ and ‘Candlemas’ at St Andrews. 

Most English-speakers are familiar with the American way of talking about university life, so don’t worry too much about saying ‘freshman’ instead of ‘fresher’ in England, for example! They will know what you mean, but remembering these differences is a good way to get integrated into campus life abroad. 

解説

・lingo・・用語
・get one’s head around・・理解する
・terminology・・用語
・Brits・・イギリス人
・sixth form college・・シックスフォームカレッジ
・A-Levels・・イギリスとその連邦諸国において、中等教育卒業もしくは大学入学レベルにあることを示す学業修了認定である。
・constituent・・構成要素
・across the pond・・国によって
・student union・・学生団体
・get acquainted with・・知り合いになる
・equivalent・・同等の

イギリスとアメリカの大学用語の違い

イギリスやアメリカの大学への留学を計画している人は、キャンパス内で日常生活で使われる用語の違いを理解しておくと良いでしょう。ここでは主なものを説明します。

アメリカでは、高校を卒業したら「大学に行く」ということを言います。しかし、イギリスでは「カレッジ」という言葉には同じ意味はありません。代わりに「大学」を使います。イギリス人にとって「カレッジ」とは、シックスフォームカレッジ(16歳から18歳の人たちがAレベルや卒業証書、見習いのために勉強するところ)か、特定の科目を学ぶ教育機関(例:ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)か、オックスフォード、ケンブリッジ、ロンドン、ダラムなどの大学の構成カレッジを意味します。

年のグループの呼び方は国によって異なります。アメリカでは、「フレッシュマン」(1年目)、「ソフォモア」(2年目)、「ジュニア」(3年目)、「シニア」(4年目)と言います。イギリスでは、「First Year」または「Fresher」、「Second Year」、「Third Year」、「Fourth Year」と言います。イギリスのどの大学にも、学年の最初の週に「フレッシャーズ・ウィーク」があります。この週は、学生組合が、1年生がお互いに、そして大学のことをよく知るために、様々なイベントや活動を行います。フレッシャーズ・インフルエンザ」とは、1年生が1学期に飲みすぎて睡眠不足になり、風邪をひいてしまうことを言います。

アメリカでは、大学院を修了する場所のことを「grad school」と言い、「I’m applying to grad school」、「I remember my grad school days! イギリスでは、これに相当する言葉はありません。大学院や大学院では、「I am applying for postgraduate/gradgraduate studies」、「I remember my post grad days!!!」などと言います。

アメリカでは「専攻」と言いますが、これはあなたの主要な研究分野を意味します。また、通常は「マイナー」と呼ばれる副専攻があります。英国では、このような専攻/マイナーの制度はありません。私の学位はXYZ(地理、美術など)です」または「私はXYZを勉強しています」と言うだけです。

アメリカ人は学術用語を「セメスター」または「クォーター」と呼び、例 えば「フォールクォーター」、「ウィンタークォーター」、「サマークォーター」と呼びます。イギリスでは、通常は単に「ターム」(First Term、Second Term、Third Term)と呼びます。しかし、イギリスの大学によっては、学期に特別な名前をつけているところもあります。例えば、ダラム大学では「Michaelmas」、「Epiphany」、「Easter」、セント・アンドリュース大学では「Martinmas」、「Candlemas」などです。

ほとんどの英語話者はアメリカの大学生活の話し方に慣れているので、例えばイギリスでは「frresher」の代わりに「freshman」と言ってもあまり気にしないでください。彼らはあなたが何を言いたいのかを理解してくれますが、これらの違いを覚えておくことは、海外でのキャンパスライフに溶け込むための良い方法です。

音声

Follow me!

コメントを残す