Tokyo Disneyland

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Tokyo Disneyland

Tokyo Disneyland opened on 15 April 1983 in Urayasu, Chiba Prefecture. The company which manages Tokyo Disneyland is not The Walt Disney Company but The Oriental Land Company – a Japanese leisure and tourism corporation. Prior to the construction of Tokyo Disneyland, Walt Disney Productions (now the Walt Disney Company) had wanted to build a theme park outside the US, but was unable to do so because of the large investment required. Meanwhile, The Oriental Land Company wanted to build the largest theme park in Japan and wondered if it would be possible to make it a Disney attraction. In exchange for permission to use the Disney characters and operate a park as a Disney attraction, The Oriental Land Company signed an agreement to pay Walt Disney Productions a licence fee (royalties) based on the sales of the theme park once it was open to the public. 

As of 2020, there are six Disney Parks in the world, but the Walt Disney Company does not have a stake in the operation of any of these parks. Only Oriental Land’s Tokyo Disneyland has a license agreement, but the Walt Disney Company still does not have a stake in the operation of the theme park. However, since Oriental Land is not free to determine its own management policies, a company called Walt Disney Attractions Japan provides management advice and support for the planning and coordination of attractions.

This flexible use of licensing agreements has enabled Japanese residents and visitors to Japan to enjoy the world of Disney far away from its birthplace in the United States. 

解説

・leisure・・レジャー、余暇
・theme park・・テーマパーク
・stake・・出資

東京ディズニーランド

東京ディズニーランドは、1983年4月15日に千葉県浦安市にオープンしました。東京ディズニーランドを運営しているのは、ウォルト・ディズニー・カンパニーではなく、日本のレジャー・観光会社であるオリエンタルランド・カンパニーである。東京ディズニーランドの建設に先立ち、ウォルト・ディズニー・プロダクションズ(現ウォルト・ディズニー・カンパニー)はアメリカ国外にテーマパークを建設したいと考えていたが、多額の投資を必要とするため実現できなかった。一方、オリエンタルランド社は日本最大のテーマパークを建設したいと考えており、ディズニーのアトラクションにできないかと考えていました。ザ・オリエンタルランドカンパニーは、ディズニーキャラクターを使用し、ディズニーアトラクションとしてパークを運営することを許可する代わりに、テーマパークが一般公開されたら、その売上に応じたライセンス料(ロイヤリティ)をウォルト・ディズニー・プロダクションに支払うという契約を結んだのです。

2020年現在、世界には6つのディズニーパークがありますが、ウォルト・ディズニー・カンパニーはいずれのパークの運営にも出資していません。オリエンタルランドの東京ディズニーランドだけがライセンス契約を結んでいますが、ウォルト・ディズニー・カンパニーはいまだにテーマパークの運営には関与していません。しかし、オリエンタルランドは自由に運営方針を決めることができないため、ウォルト・ディズニー・アトラクションズ・ジャパンという会社が運営上のアドバイスや、アトラクションの企画・調整のサポートを行っています。
このようにライセンス契約を柔軟に活用することで、日本在住者や訪日観光客は、発祥の地であるアメリカから遠く離れたディズニーの世界を楽しむことができるようになっています。

音声

Follow me!

コメントを残す