Hogmanay: New Year’s Celebrations in Scotland

L.D
オックスフォード大学で東洋学を学び卒業。
ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で社会人類学のMAを取得。現在はイギリスで教育関連の仕事に従事している。

Hogmanay: New Year’s Celebrations in Scotland

Scotland is famous for its lively and spectacular New Year’s celebrations, which begin at the end of December and continue until the 2rd of January. ‘Hogmanay’ is the Scottish name for New Year’s Eve. 

History 

The origins of Hogmanay celebrations date back to Pagan times. It probably has roots in the Gaelic celebration of Samhain (which marks the end of the harvest season) and Norse celebrations of winter solstice. Christmas was banned under the Reformation in 1560 and so all the celebrating got pushed into the New Year period, called ‘the daft days’ when people would drink, party, and visit friends and family. 

There are various theories about the etymology of ‘Hogmanay’; its roots could be Anglo-Saxon, French, Flemish, or Gaelic – but nobody knows for sure! 

Customs

First footing – This is when people visit friends or family immediately after midnight so that they are the first person to cross the threshold of that house in the new year. First footers usually bring a gift for good luck and prosperity (usually in the form of a lump of coal, salt, shortbread, whisky, or a ‘black bun’ (see below)). Traditionally, tall, dark-haired men are the preferred choice for a first footer, because blonde or red hair was associated with Vikings (invaders of Scotland). 

Redding the House – Before the new year, it is a custom to clean the house, pay off all outstanding debts, and remove the ashes from the fireplace (these ashes could be read to predict the future). This is symbolic of clearing out the old year to welcome in the new one. Someone will go from room to room in the house carrying a smoking juniper branch to ward away evil spirits and disease. ‘Redding’ means ‘ready-ing’ – to make the household ‘ready’ for the new year. 

Fire Festivals – The idea behind this is that fire would be used to drive away evil spirits. At the festivals, local people use equipment drenched in paraffin to create spectacular fire displays, parading around the streets at night time. 

Ceilidh – No traditional Scottish party would be complete without a ceilidh. This is a fast square dance, with fiddlers calling out the steps. It is often chaotic, especially after a few ‘wee drams’ of whiskey! 

Music

Once the clock has struck midnight, people stand in a circle, with their arms crossed, holding each other’s hands, and sing a song called ‘Auld Lang Syne’, the lyrics of which were written by a famous Scottish poet called Robert Burns. This is a custom which has spread into many other countries.

Food

Haggis, Neeps and Tatties: Haggis is a pudding of sheep’s heart, liver, and lungs minced with onions and oats. Neeps are turnips and tatties are potatoes. 

Black Bun – A dark rye bread made of fruits and spices, and wrapped in pastry

Steak Pie – Eaten on New Year’s Day (‘Ne’er Day’, in the Scots language). 

解説

・lively・・賑やか
・spectacular・・華々しい
・Pagan・・異教徒
・Gaelic・・ゲール人
・Samhain・・サウィン祭
・Reformation・・改革
・etymology・・語源研究、語源学
・threshold・・敷居,入り口
・black bun・・スコットランド特有のフルーツケーキ
・ashe・・灰
・ward away・・かわす、撃退する
・drench・・びしょ濡れにする
・paraffin・・灯油
・Ceilidh・・社交集会
・fiddler・・ヴァイオリン演奏者

ホグマネー:スコットランドの新年のお祝い 

スコットランドは、12月末に始まり、1月2日まで続く賑やかで華やかな新年のお祝いで有名です。ホグマネー(Hogmanay)はスコットランドの大晦日の名前です。

歴史

ホグマニーの起源は異教徒の時代にまでさかのぼります。おそらく、ゲール語で収穫期の終わりを告げるサムハイン(Samhain)や北欧の冬至のお祝いにルーツがあると考えられています。クリスマスは1560年の宗教改革の下で禁止されたため、人々が酒を飲んだり、パーティーをしたり、友人や家族を訪問したりする「おかしな日々」と呼ばれる新年の時期に押し込まれました。

ホグマネー」の語源については諸説ありますが、そのルーツはアングロサクソン語、フランス語、フラマン語、ゲール語の可能性もありますが、確かなことは誰にもわかりません。

風習

ファーストフッター(First footing) – これは、人々が真夜中の直後に友人や家族を訪問して、新しい年にその家の敷居を最初に越える人になることをいいます。初足を踏む人は通常、幸運と繁栄のための贈り物を持参します(通常、石炭の塊、塩、ショートブレッド、ウィスキー、または「黒パン」(下記参照)の形で)。伝統的に、ファーストフッターには背の高い黒髪の男性が好まれています。

家を赤くする – 新しい年を迎える前に、家を掃除し、未払いの借金をすべて返済し、暖炉から灰を取り除く習慣があります(この灰は未来を占うことができると言われています)。これは、新しい年を迎えるために古い年を一掃することを象徴しています。誰かが、悪霊や病気を追い払うために、煙の出るジュニパーの枝を持って家の中の部屋から部屋へと移動します。Redding」は「準備をする」という意味で、家の中を新しい年に向けて「準備をする」ことを意味します。

火祭り – 火を使って悪霊を追い払うという考え方です。フェスティバルでは、地元の人々はパラフィンに浸した機器を使用して、夜になると通りを練り歩き、壮大な火のディスプレイを作成します。

セイリド – スコットランドの伝統的なパーティーは、セイリドなしでは完結しません。これは、バイオリン奏者がステップを呼びながら、高速のスクエアダンスです。特にウイスキーを数杯飲んだ後は、混沌とした雰囲気になります。

音楽

時計が真夜中になると、人々は腕を組んで手をつないで輪になって立ち、スコットランドの有名な詩人ロバート・バーンズが作詞した「Auld Lang Syne」という歌を歌います。これは、スコットランドの有名な詩人ロバート・バーンズが歌詞を書いたもので、他の国にも広まっています。

食べ物

ハギス、ニープス、タッティー。ハギスは羊の心臓、肝臓、肺を玉ねぎとオート麦と一緒にミンチにしたプリンです。ニープはカブ、タティーはジャガイモです。
ブラックバン – フルーツとスパイスで作ったダークライ麦のパンをペストリーで包んだもの
ステーキパイ – 元旦に食べる(スコットランド語で「Ne’er Day」)。

音声

Follow me!

コメントを残す