Mistletoe Magic for Irish Singletons

L.D
オックスフォード大学で東洋学を学び卒業。
ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で社会人類学のMAを取得。現在はイギリスで教育関連の仕事に従事している。

Mistletoe Magic for Irish Singletons

The tradition of kissing someone under the mistletoe at Christmas is famous world-over. But did you know that in Ireland, there is a longstanding tradition of single people placing sprigs of mistletoe underneath their pillow on New Year’s Eve to help them dream of their future partner? They then toss the sprigs into the fire the next day, in the hope of luring love within the new year. It is believed that if the sprig burns smoothly, this is a good sign. But if the sprig crackles, luck in love is not to be expected.

Mistletoe is a wild berry that is associated with fertility in European mythology, and was considered a symbol of peace by Norsemen. The practice of placing sprigs under your pillow is also believed to deflect bad luck, but in some regions of Ireland, holly and ivy are more commonly used for this custom.

解説

・mistletoe・ヤドリギ
・longstanding・・長年の
・single・・未婚の、独身の
・sprig・・小枝
・underneath・・下に
・lure・・誘い込む,おびき寄せる
・berry・・果実
・fertility・・多産、豊穣
・Norseman・・ノルウェー人
・holly・・ヒイラギ
・ivy・・ツタ

アイリッシュシングルトンのためのヤドリギマジック

クリスマスにヤドリギの下で誰かにキスをする習慣は、世界中で有名です。しかし、アイルランドでは、独身の人たちが大晦日に枕元にヤドリギの小枝を置いて、将来のパートナーを夢見るための手助けをするという長い伝統があることをご存知でしたか?そして、その小枝を次の日に火の中に放り込み、年内に愛を呼び込むという願いを込めて、その小枝を燃やします。順調に燃えていれば吉とされていますが、パチパチと音がしたら吉とされています。しかし、小枝がパチパチと音を立ててしまった場合は、恋愛運は期待できません。

ヤドリギは、ヨーロッパ神話では豊穣を連想させる野生の実で、北欧人によって平和の象徴とされていました。枕元に小枝を置く習慣も、不運をそらすと信じられていますが、アイルランドの一部の地域では、ヒイラギやツタがこの習慣によく使われています。

音声

Follow me!

コメントを残す