Starbucks Reserve Roastery

ライター:K.S
米大学院(MBA)卒業後、大手IT企業に就職。
現在はグローバル事業本部にて、戦略企画の業務に携わる。

Starbucks Reserve Roastery

Have you ever heard of Starbucks Reserve Roastery? Starbucks Reserve Roastery is a special brand of Starbucks, created for those who want to enjoy a more refined coffee. Here, the coffee is roasted on the premises using rare and fine beans from around the world.

The Starbucks Reserve Roastery was launched in Seattle in 2014, followed by Shanghai in 2017, Milan in September 2018, New York in December 2018 and Tokyo in 2019. The shop in Tokyo was designed by architect Kengo Kuma and features a distinctive Japanese design with an extensive use of wood. The shop is spread over four floors, each offering a different service.

Starbucks Reserve, 1st floor
The Starbucks Reserve on the ground floor offers coffee made from the finest beans, as well as an Italian bakery, where customers can choose from a selection of breads and sweets to accompany their coffee.

Tivana Bar, 2nd floor
Here, in addition to coffee and desserts, we also sell tea leaves. There is a large selection of teas on offer, which customers can smell and buy if they like.

Aliviamo Bar, 3rd floor
The Aliviamo Bar has a team of experienced bartenders on hand to serve cocktails. It also offers a selection of cured hams, cheeses and crackers to accompany your drinks.

AMU Inspiration Lounge, 4th floor
This is where we pack our coffee beans for shipment. And you can also see the process by which the coffee we drink in our daily lives is produced.

In this way, Starbucks Reserve Roastery offers different services on each of the four floors.

解説

・Starbucks Reserve Roastery・・スターバックス リザーブ ロースタリー
・refined・・洗練された、上品な
・roast・・焙煎する
・on the premises・・敷地内で
・architect・・建築家
・feature・・特徴的である
・extensive・・広範囲にわたる
・ground floor・・一階
・accompany・・同行する、伴う
・on hand・・手元に
・cured ham・・塩漬ハム

スターバックス リザーブロースタリー

スターバックス リザーブ ロースタリーという言葉を聞いた事があるだろうか。スターバックス リザーブ ロースタリーはスターバックスの特別ブランドとして、より洗練されたコーヒーを楽しみたい方向けに立ち上げられた。ここでは、店舗内で焙煎された世界各地の稀少かつ上質な豆を使ったコーヒーが提供されるのである。

スターバックス リザーブ ロースタリーは2014年にシアトルで誕生し、その後2017年に上海、2018年9月にミラノ、12月にニューヨーク、そして、2019年には東京でオープンした。東京でオープンしたこの店舗は、建築家の隈 研吾によって設計され、木材を多用する「和」をイメージした特徴的なデザインである。この店舗は四階建てで、それぞれのフロアで提供されるサービスが違う。

1階スターバックス リザーブ
1階スターバックス リザーブでは、最高級の豆を使用したコーヒーに加え、イタリアンベーカリーも提供され、お客様はコーヒーに合うパンやスイーツを選び購入する事ができる。

2階ティバーナ バー
ここではコーヒーやデザートに加え、茶葉の販売も行っております。非常に多くの茶葉を用意しており、実際にお客様は茶葉の香りを嗅ぐ事ができ、気に入ったものを購入する事ができます。

3階アリビアーモ バー
ここではバーテンダーの経験を持つ従業員が働いており、カクテルを楽しむ事ができます。また、お酒のおつまみである、生ハム、チーズ、クラッカーも提供しています。

4階アム(AMU) インスピレーション ラウンジ
ここでは、コーヒー豆を出荷するためにパッキングを行っている。そして、私たちが日常生活の中で飲んでいるコーヒーがどのような工程で製造されているのかを見る事もできる。

このように、スターバックス リザーブ ロースタリーでは、1階〜4階それぞれ提供されるサービスが異なり、それぞれのフロアで違ったサービスを楽しむ事ができる。

音声

Follow me!

コメントを残す